トップへ戻る

男性の誘いを断るのならば覚悟すること

男性の誘いを断るのならば覚悟すること

男性の誘いを断るのならば覚悟すること

『男性の誘いを断る』これをするのならば、今後その男性とは一切関わらないという覚悟が必要です。
というのも男性は『自分の誘いを断った女』というのはその時点で知らない女なんです。

例えば昨日までは友達でも、断った時点で他人ですから、翌日女性が馴れ馴れしく話しかけてきても『はい?』となります。
誘うということは勇気がいることですから、断られたら態度に出てしまうことは当然になります。

ですのでこれは『態度が変わる男性は悪くない』というものですから、女性もそれは理解しましょう。
女性はよく『誘いを断ったら態度が変わる男がウザい』と言いますが、むしろこれは『断っておきながら友達でいれると思う女が非常識』なんです。

スポンサーリンク


男性は勇気を持って誘ったのに、それを断ったのならばそれなりの距離感で接するべきです。
それなのに『普通に話せる』などと思ったら大きな間違いです。

『断った』『断られた』こんなことがあったのならばその後はお互いに嫌な思いをすることは当然であり、避けることなどできません。
誘った側はその女性を嫌いになるために必死に努力しますから、女性だって『友達ではなくなるための努力』これをしなければならないのです。

ですので、それが嫌ならば誘いに応じることです。
誘いに応じさえすれば今までの関係が崩れることなどないのですから全て問題はありませんし、
『男性は肉体関係を楽しむ』『女性は奢ってもらえる』となり、どちらにとっても利益のある関係で、この方が全然良いと言えるでしょう。


女性は『誘いを断る』ということの重さを理解できていないのです。
理解していないからこそ『断っておきながらニヤニヤと普通に話しかける』ということができてしまうのです。

例えば男性にメールアドレスを渡されても連絡しない女もいるでしょう。
それでも会った時には普通に話そうとする、こんなことが許されるはずがありません。男性は女性の所業によって傷付いているのです。

特に『連絡先を渡したのに連絡が来ない』こんなことがあったのならばその後関わることなど禁止に決まっています。
女性がすることは全てが許されないことです。『自分の都合しか考えていない』これが女です。

こんなのだから恨まれる訳で、重大な事件にも発展するのです。
『もっと真面に対応していれば何も起こらなかった』世の中にはこんなことがたくさんあります。女性はそれを肝に銘じて行動しましょう。
それが自分を守ることですから、何より『断ったのならばその後関わらない』これを心掛けることが大切です。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6