トップへ戻る

泊まることが大切

泊まることが大切

泊まることが大切

男性と親しくなりたいのならば『男性の家に泊まる』『男性と一緒に泊まる』これが大切になります。
これはもちろん『付き合っていない状態で』ということです。

付き合っていれば泊まったりすることなど当然になりますし、いちいちそんなことで緊張することなどなく、
また、『ドキドキ感もない』というのが一般論でしょう。だからこそ、付き合っていない状態、例えば男女の友達だったり、
または初対面という関係などで『どちらかの家に泊まる』『旅行に行く』などをすることがあれば、
『かなり盛り上がるし急接近できる』となるのです。

女性の中には『男友達ならばまだしも、そこまで知らない初対面クラスの男性と泊まりに行ったりなどできない』と考える人もいるでしょう。
ですが、『初対面クラスだったら何が問題なのか』ということです。

スポンサーリンク


『相手のことが信用できない』このように考えているのだとしたら、それは考え過ぎです。
男性の方だって『信用できない』ということは同じなのですし、
むしろ、『信用できる相手かどうかを知るために行く』というのが泊まりや旅行ということです。

ですので、初対面だからこそすると考えること、これが大切です。
例えば初めて会ったその日にどちらかの家に泊まりに行き、そのまま体の関係に発展することができたのならば、
『すぐに打ち解けた』と考えることができるでしょう。

普通に考えれば、体の関係に発展するまでには『数回は会う必要がある』となりますから、それを最初の日にできたのならば、
『とても親しい友人になれた』という証になります。

このように、『男女で泊まる』ということには大きなメリットがあるのです。
付き合っていない男女だからこそ、一緒に泊まればワクワクすることが多く、またたくさんの発展があります。
ですので、異性の友達とは積極的に泊まるようにして、ただの友達から肉体関係ありの友達に発展させて、親睦を深めるようにしていきましょう。


注意することは、『体の関係を持ったからといって付き合わない』ということ。
というのも、付き合ってしまうとつまらなくなってしまうのが男女関係なのです。

例えば『交際前はとにかく盛り上がっていたのに、付き合った途端に冷めた』ということがありませんか?

これはつまり、『お互いに自分のものになった』と認識したからこそ、それによって目的を達成してしまったからなんです。
ですので、関係を持ったからといって付き合うのではなく、そのまま肉体関係ありの友達を続けるべきといえます。

普通に友達でありながら、肉体関係を持つ。従って、そんな友達が何人いてもいいのです。
そうすれば、いつでも相手に対しドキドキ感がありますし、『まだ手に入れていない』という気持ちもあるため、冷めることもありません。
これらを実現するためにも、何より『泊まる』が大切ですから、異性の友達とは全員と泊まるようにして、深い関係の友人を増やしましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6