トップへ戻る

キスで気まずくならない方法

キスで気まずくならない方法

キスで気まずくならない方法

『キスをしたら気まずくなった』こんな経験をした人も多いのではないでしょうか?
これは女性に多いのではと思います。

男性の場合、キス程度では気まずいと感じなかったり、
たとえ女性が態度を変えても自分は今まで通りという人が多いのです。

ですが女性は『私からキスした』『彼、または男性からキスされた』ということがあると、
その後どうしていいか分からず何となく距離を取ってしまい気まずくなることもあるでしょう。

そうなると、せっかく良い関係だったり気になる人だったのに、
それで終わってしまうこともありもったい無いですよね。

はっきり言ってしまえば『キス程度で終わってしまう』というのは恋愛をする上で大きな損失ですから、
キスで気まずくならない方法を身に付けましょう。

スポンサーリンク


・キスで気まずくならないためには
キスで気まずくならない方法には『自分からした場合』と『男性にされた場合』とがあります。
まずは自分からした場合ですが、
この時には『自信を持ってする』『キス後の態度』これを心掛けましょう。

キスで気まずくなる人の特徴は『ただただ勢いでしてしまう』ということです。
キスしたいと感じたからしてしまう訳で、それは全然いいのですが、
その時は気持ちが高ぶっていたため、
冷静になると『何やってるんだ私…』と逃げ出したくなる、というものでしょう。

または、『キスしたが男性の態度があまり良くなかった』ということ。
キスをしたことによってそのまま抱き締めてくれれば女性としても安心でしょうが、
男性に『え?』という顔をされると逃げたい気持ちも分かりますし、その後気まずくなるのも理解できます。

ですのでそうならないためには、『する時には自信を持つ』これが大切です。
自信をもってしてしまえば相手の反応が悪くてもそこまで気になりません。

また『キス後の態度』これがとても重要で、『キスくらい』という気持ちでいれた方がいいです。
『したいからしただけ』と普通にいられれば男性も受け入れますし、
上述した『え?』という反応も、突然のキスに驚いているだけで拒否ではないことが殆どです。

ですので相手の反応など気にしないようにしましょう。
基本的には、キスしたいなと思える関係ならばNGということはありません。

特に女性からするのならば自信を持ってしまっていいですから、
気まずくならないためにも『ただのキス』と捉えて、手をつなぐのと同じような感覚を持ちましょう。


一方で男性にされた場合、その人のことが嫌いならば気まずくなるのは仕方ありませんが、
そうではないのならばすぐに受け入れましょう。

キスって、印象としてはとても真剣なシチュエーションを想像するかと思います。
特にドラマや映画を見ていると、
『美しい場面で二人見つめ合って〜』というのが殆どですから皆それをイメージするでしょう。

ですが実際にはそうではないことの方が多いです。
一日デートをした後、何をするでもなく何となくぶらぶら歩いていて、
二人の息が合ってキスをする、
またキス後もすぐに笑い合いながら何事もなかったように普通でいられる、これが圧倒的に多いです。

ですのでそんな関係を作れれば気まずくはなりません。
『キス後に爆笑しても険悪にならない』こんな関係が理想ですしそうじゃないと長続きしませんから、
もしも『毎回気まずくなる』というのなら、心の距離を縮める努力をした方がいいかもしれません。


キスは捉え方が大切です。気まずくなってしまうのは真剣に考え過ぎるから。
もっと楽に捉えられるととても楽しく気持ちのいいものです。

また『気まずくなったらどうしよう』こんなことを考えているのならばそれは余計です。
それよりも楽しいことを想像しましょう。

好きな人とこれからどうなっていくかとワクワクできた方が恋愛は成功しますから、
そんな状態にしましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6