トップへ戻る

体目当てだったかどうかの判断基準

体目当てだったかどうかの判断基準

体目当てだったかどうかの判断基準

『付き合っていない男性と体の関係を持った』『その男性は、好きかどうか分からないと言っていた』
こんな経験もありますよね。

これがあると女性は、『結局体目当てだったんだ』とする傾向がありますが、
そうとも限りませんので冷静になりましょう。

男と女はそもそも順序が違います。
女性は『好きになってから関係を持つ』なのでしょうが男性はそうではありません。

そのため、女性の基準が全てだという捉え方をしてしまうと何もかもが上手くいかない場合もありますので、
男性心理を知る必要もあります。

スポンサーリンク


・男の気持ちは関係を持ってから
全ての男性がそうではありませんが、多くの男性は『体の関係を持つまで本当に分からない』というものです。
こうなると女性は『そんなのずるい』『最低の男だ』となるのでしょうが、
男性の場合『好き』という気持ち『やりたい』という感情が酷似しているため、自分でも分からないのです。

そのため、その時点では『この女性のことが好きなんだろう』と思っていても、
実際に関係を持ったら違ったというのはよくあること。

従ってこれは男性が悪いのではなくどうしようもないことです。
むしろ、捉え方を変えれば『その程度の女だった』ということです。

『なぜ女が責められなければならないの?』と不快に感じる女性もいるでしょうが、
結局は関係を持つまでの期間に惚れさせることができなかったわけです。

また、『やりたい』を『好き』と錯覚していたのも女性の魅力の問題。
いつでも真剣交際の対象になる女性はどこかが違いますので、
遊ばれたと感じたのならば自分が変わるように努力しましょう。


・体目当てだったかどうかを判断するには
では、その男性が本当に体目当てだったかどうか、
これを判断するにはどうしたらいいのかですが、体目当てならば初めからそのつもりで関わっています。

必要以上に親しくすることを嫌いますし、その時だけの関係を作りたがりますから、
そういうところから判断した方がいいでしょう。

結果的に好きかどうか分からないと言われることと、始めから体目当てなのとは明確に違います。
男性としても、『流れで関係を持ったが自分の気持ちが分からない』ということがありますし、

これは体目当てではありませんので、
そういうことがあった時に無駄に吠えて見っとも無くならないように、しっかりした女性になりましょう。


関係後交際に発展しないと『体目当てにされた』と訴える女性がいますが、
全てがそれに当て嵌まる訳ではありません。

それが分からないと女としてのレベルが上がりませんので注意しましょう。
いつでも男を悪者にするだけだと幸せになれません。
『女は守ってもらえるもの』こんな発想ではNGですから、自分が強くなりましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6