トップへ戻る

飲み会に誘われない時の対処法

飲み会に誘われない時の対処法

飲み会に誘われない時の対処法

『職場で飲み会に誘われない』『自分だけ誘われない』
『自分が誘われていない飲み会の話を目の前でされる』こういうことも多々あるでしょう。

こんなことがあると『どうして自分だけ…』と嘆いてしまう人も多いと思います。
またたいていの場合『誘って欲しい』と思いますよね。

ですが誘わない側の心理としては
『どうでもいいと思っている』『そもそも誘う対象ではない』『敢えて省いている』といったように、
何がどうなっても誘う気などありません。

そのため、誘って欲しいなど思ったら完全に負けです。
あなたにだって、どうでもいいと思う人がいるでしょうし、
自分が飲み会を開く立場でも誘う対象ではない人がいるでしょう。

スポンサーリンク


さすがに敢えて省いたりはしないかもしれませんが、候補に入らない人は必ずいるはずです。
つまり誘われないということは
『自分は仲がいいと思っていても、相手にとってはそうではない』ということ。

または『職場というチームプレーが必要な場所でも、相手はそんなことを全く考えていない』ということです。
職場の飲み会ならば、親交を深める意味でもより大勢の人で集まるのが理想でしょうし、
仕切る人にはそのくらいの能力も求められるはずです。

ですが、それができる人は稀ですから期待しない方がいいです。
従って飲み会に誘われない時の対処法としては、
『その連中を嫌う』『気にしない』『誘って欲しいなどとは思わない』
ということが重要になりますので考えるようにしましょう。


・その連中を嫌う
飲み会に誘われない時には、敢えて省かれている可能性も高いです。
例えば『目の前で飲み会の話をされる』
『次回の飲み会のプランを立てているのに自分にだけ声がかからない』など、
こういうことがあったら確実に省かれています。

それならば、誘って欲しいと思ったら負けな訳で、
むしろその飲み会に参加する連中を嫌った方がいい訳です。

飲み会に誘われない、こういう状況で誘って欲しいと思ってしまう人は問題です。
というのもこれは追いかける性格ですから、そうなれば相手の思うつぼ。

また『人を嫌えない性格』『怒れない性格』とも取れます。
穏やかなことはいいのですが、『悪に対しては悪』となれないと自分がやられる一方です。

ですので、飲み会に誘われない時には徹底的にその連中を嫌いましょう。
仕事に影響するくらい嫌ってやるべきです。
そうすることで何かが変わってきますし、省いたことを後悔しますので試してみてください。


・気にしない
一方で、その人達が殆ど接点がないのならば気にしないべきです。
同じ職場といっても話したことがないレベルならば普通は気にしませんよね。

この距離感を感じ取るべきです。こういった距離感は人によって違いますが、一般論はあります。
例えば、『同じフロアならば誘うべき』だったり、『面識があるのならば配慮が必要』など、
常識的な捉え方はできるでしょう。

従ってこれに関しては、自分がどう感じるかに従ってみましょう。
むしろ、自分だけ飲み会に誘われないと感じるのは距離が近い人ですから、
そういう時は嫌った方がいいです。

従って、気にしないというのは本当に気にならない時のみで、
基本的には『嫌う』『誘って欲しいなどとは思わない』という対応をして、しっかりやり返しましょう。


この問題は、職場という環境だから分かりづらくなりますが、
学校のクラスや趣味の場だったらどうでしょうか?

例えば、『クラス全体での食事会』これに誘われなかったら気になるのは当然で、
『省かれている』『どうでもいいと思われている』と感じるでしょう。

趣味に関しても、その趣味が『皆で一緒に頑張りましょう』というタイプのものだったら、
やはり自分だけ飲み会に誘われないのは対処が必要なはずです。

職場に関してもこれと同じ問題です。
そのため、誘う側にも配慮が必要なことでしょうし、
誘わなかったのならば『省いている』と嫌われても仕方のないことです。

こういう問題は、自分から誘って欲しいと言えることではありませんし、
仮にそれで誘われても楽しめないのは明白です。

従って飲み会に誘われないという事態に陥ったら、『その連中を嫌う』これしかできないのです。
主催側にとっては何気ないことですが、
誘われない人にとっては大きな問題ですから、しっかり嫌ってやり返しましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6