トップへ戻る

子育て支援を充実するためには

子育て支援を充実するためには

子育て支援を充実するためには

子育て支援は国の課題として取り組まれていますが、これは恋愛にも大きく関係しますよね。
交際をすれば結婚や子供を考える人が多いですから、『どんな支援があるか』これはとても重大になります。

しかしながら昨今では、『結婚しない』『子供は不要』とする人が増加傾向にあります(2015年現在)
社会全体が『恋愛はしてもそれ以上はしない』という考え方になりつつありますが、
これには少なからず子育て支援が関係していると言えるでしょう。


・結婚という制度に拘らない
子育て支援を充実する方法として考えられるのが、『結婚に拘らない』ということです。
現在では一般的に、『結婚をして子供を持つ』これが当たり前になっているはずです。

もちろん入籍しない人もいますが、『二人で育てる』これは誰でも当たり前に考えることでしょう。
ですが、男女ではそれぞれ考え方が違って、
特に男性は『性行為は好きだが子供は欲しくない』と考える傾向にあります。

スポンサーリンク


また近年の男性は、責任が絡むことを嫌う傾向にあるのです。
そのため、父親になることには難色を示し、結果的に結婚が成立しないのです。

『責任がないなら子供を作ってもいい』これが男性の考え方。
しかし女性は、『そんな男は勝手すぎる』となるでしょう。

ですから、ここを改善できる子育て支援が充実すれば問題は解決します。
例えば『男性の責任は無くす』『子供は女性一人で育てる』『その分支援を増やす』といったように、
男性の負担を軽減する一方で女性へのサポートを手厚くします。

これならば納得する人も多いのでは?
またこの考え方ならば、深刻な子供不足を解消できる可能性があります。

従来までの考え方では『一人の女性としか子供を作れない』となりましたが、
責任がないのならば複数の女性に子供を作ることが可能です。

また女性も、
現在とは比較にならないほどの支援が受けられるのならば無駄に旦那がいるよりもいいのではないでしょうか?

『子育ては旦那がいても役に立たない』こういうことが多いのでは?
それならば、一層結婚という形は抜きにして、
その分女性が支援を受けられる社会になった方が私は良いと思います。

今のままでは、
『男性は責任を避け子供を作らない』『女性も支援不足であるため断念する』となってしまいます。

今後子育て支援がどうなっていくかは分かりませんが、
あっという間に少子化が解消されるような支援策ができるといいですね。


自然界はなぜ繁殖率が高いのか?それは責任がなく、子供も自分の力で生きるからでしょう。
もちろん絶滅危惧種もいますので一概には言えませんが、人間社会は難しくできすぎている気がします。

オスとメスの役目、これを明確にしても全然いいはずですし、子供にも責任を持たせるべきです。
子育て支援は難しい問題ですが、皆が納得する形になればいいですね。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6