トップへ戻る

ストーカーにならないために注意すること 

ストーカーにならないために注意すること

ストーカーにならないために注意すること 

近年は、『簡単に誰でもストーカーになってしまう』という時代ですから、色々と注意した方がいいのです。
『私は単純に好きなだけなのに』と思っても、
相手にとって迷惑だったらそれはストーカー行為となりますので考えた方がいいです。

例えば『一度誘って断られたが、諦めきれないためもう一度誘った』これをした時点でアウトになります。
一昔前ならば考えられなかったことでしょう。

スポンサーリンク


『一度振られたくらいで諦める男はNG』と言われるくらい、女性自身もタフな男を求めていましたし、
男女どちらも『何度もチャレンジすることが当たり前』というのが今までの恋愛だったはずです(2014年現在)

例えば、断られた相手の職場や家付近で、
『車の横に立ち花束を持って、堂々としながら気障な言葉でまた誘う』こんな男も昔はいたものですが、
現在の場合これもストーカーです。

つまり、『一度振られたくらいでは諦めないぞ』ということは通用せず、
その時点で諦めないと犯罪になってしまうためそこを考えた方がいいのです。

女性だって、自分が断った男が格好良く待っていたら『バカじゃないの』と思いつつも嫌な気はしないでしょう。
要するに、何が問題で何なら問題ではないかの基準は、『不快になるかどうか』ですから、
『振られたことが許せなくて付け回す』『嫌がらせをする』といったことをしてしまったのならばそれは良くないですが、
『謙虚に何度も申し込む』『堂々と正面からまた誘う』だったらたいていの人は不快に感じないのです。

ですが現在では、付け回したり嫌がらせをする人が増えたため、だからこそ厳しくなりました。
従って今後は『一度振られたら完全に諦めなければならない』となりますので注意しましょう。

またこれは、当然女性にも適用されます。
このような問題は、どうしても加害者が男性と決めつけられる傾向がありますが、そんなことはありません。

恋愛ならば、どちらがどんな状態になってもおかしくありませんから、
自分が狂ってしまわないように冷静になりましょう。

『無理なものは無理』これを受け入れることです。現在は、とにかく自分の身を守る時代です。
恋愛においても、相手の気持ちよりも自分最優先となっていますから、それを受け入れた上で交際を考えましょう。


ストーカーとして訴えられても『そんなことはしていない』『これでそうなるのか』とびっくりするはずです。
『2度目に誘ったらストーカー』ですから驚くのは当然ですが、
現実はそうなっていますから『諦める力』これを身に着けることです。

ですのでポイントは『そこまで好きにならないうちに誘う』ということです。
どこかの段階では惚れてしまうものですが、好きになるのは最後の最後にした方が良いです。

今後の恋愛は『とりあえずデート』『とりあえず交際』『とりあえず肉体関係』としてみた方が安全ですから、
そんな形を取りましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6