トップへ戻る

DVはどちらが悪い?

DVはどちらが悪い?

DVはどちらが悪い?

DVというのはどちらが悪いのか?一般的には『暴力を振う方が悪い』とされていますよね。
また当然『この一般論が正しい』となるのでしょうが、状況によっては正しいとも限らないとなりますので、
『なぜDVに発展したのか』これは考えてみることが大切になります。

まず『元々DV気質な人』こういう人が相手の場合には仕方がないですし、その場合は『相手が悪い』と判断するしかないでしょう。
ですが、『我慢の限界になってしてしまった』という人も中にはいるのです。

もちろん暴力は基本的にNGですから、我慢の限界であっても悪いのは暴力を振った方となりますが、
それでもその人と関わっていくのならば『自分に非はなかったのか』と考えてみることも大切なんです。

スポンサーリンク


『我慢の限界になる』これってつまり、『言い返せない人』ということです。
言い返すことが苦手だったり、言い返せないように育った人の場合、その我慢がいつか爆発して暴力に発展することは仕方のないことですよね。

人間はストレスを抱える生き物ですし、それを吐き出さないと生きてはいけませんから、
『自分にストレスを与える存在』これを何とかしたいと思うことは当然なんです。

そのため一般的には『ストレスになる前に言い返す』『言われないように相手に分からせる』とする訳ですが、
言い返せないように育った人の場合『嫌味などを言われても黙って我慢してしまう』ということが重なってしまうため、
何かのきっかけで暴力へと発展してしまう訳です。

ですので、自分のパートナーや友人が『我慢してしまうタイプか』ということはしっかり見抜いた方がいいです。
その簡単な見抜き方としては『何かを言った時に言い返してくるかどうか』です。

言い返さない人って気にしていない訳ではなく、
単純に言い返すという習慣がなくて『嫌だな・不快だな』と感じながらも我慢しているだけですから、それを見抜いた方がいいのです。

ですのでそういう人に対しては『気を使った方がいい』となります。嫌味を言ってしまったり、上からになれば何れ被害に遭うのは自分です。
もちろん法的には『暴力を振った方』これが悪いのでしょうが、どれだけ法で裁かれようと、
自分が大けがを負ってしまったら意味がありませんよね。

『言っても大丈夫な人とそうではない人』これを見抜くことが自己防衛になりますから、
特に女性は気を付けるようにして、その上で恋愛しましょう。


『嫌味を言っても黙っていたり頷くからといい気になってしまう』こういう人もいるでしょう。
しかしこれをすると、『いずれ大きな後悔をする』となります。

相手も暴力を振いだした時には『全てを失う覚悟』これができていますから、法で裁かれることなど怖くも何ともないのです。
我慢する人って、本当に限界まで我慢します。
そのため『一度爆発したら止まらない』となりますので、取りかえしが付かない状態になる前に、しっかり対処するようにしましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6