トップへ戻る

男性を略奪したいのなら

男性を略奪したいのなら

男性を略奪したいのなら

『彼女がいる男性を好きになった』こんな女性もいるでしょうし、それでも諦められないこともありますよね。
その場合、一般的な方法では落とすことはできませんから、多少工夫する必要が出てきます。

『彼女がいる』こういう男性の場合、当然彼女を大切にするため他の女性は受け付けないことが多いのです。
そうなれば『話しかけても挨拶程度』『友達になることは難しい』『遊びに行くなど不可能』ということもありますので、
どうすればいいのかが分からないでしょう。

こんな時は、女を使うしかありません。
また通常の恋愛のように『気持ちを大切にする』これに重点を置くのではなく、
『とりあえず深い仲になる』これを考えることです。

スポンサーリンク


従って、まずは浮気相手でもいいので関係を持つことが大切です。
当然その男性のことが好きならば、『そんな関係我慢できない』となるでしょうが、
重要なことは接点を持つこととそれを切らないことですから、
男女の仲になってしまうことが手っ取り早く、何より確実な方法なんです。

男は、たとえ彼女がいても女性に誘惑されたら断れないようにできているのです。
そのため、男性をその気にさせるために工夫をして、
『手に入りそうな女だ』と思わせることと、男性がそう感じていることを悟ったら、その時点で誘うことが大切です。

例えば谷間を見せてみること、とはいえいきなり谷間を見せたら変態女になってしまうので、
話す時に前屈みになったり、胸を突きだすなどして見えるような角度を作るのです。

それをするだけで男性は全然変わりますし、さらに脚を見せることも有効です。
従って、どんな服装かということは大切になりますので、
本気で落としたいと思うのならば思い切った格好をするべきです。

男性は結局見た目に騙されますし、さらにそんな女性が自分に積極的だと、
彼女がいるにしても『ちょっとくらいならいいか』と思うようになるのです。

ですので、とにかく誘惑して、普通に男性と話せるレベルになったら、男性を自宅に誘ってみましょう。
誘う理由は『重いものがあって一人では動かせない』でもなんでもいいです。
この誘いを断れば脈無しですから、ダメだった時は次の手を考えましょう。


男性も、女性宅に誘われた時には『二人きりか』ということを確認します。
例えば上記の『重いものを動かす』ということの場合『他に誰かいますか?』と確かめる男性もいます。

その結果『二人きり』と言われれば即OKですし、
『いる』と言われれば、『初対面は苦手だから』と断る男性もいます。

これはもちろん、苦手だから断るのではなく、他に人がいるのならば行っても意味がないから断るということです。
つまり男性は、『関係が持てないのならば女性と関わるなど時間の無駄』と思っています。

逆に言えば、体というのはそれだけ武器になりますので、
略奪したいと思うのならば、思い切った行動をしてみましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6