トップへ戻る

体の関係を拒むことはNG

体の関係を拒むことはNG

体の関係を拒むことはNG

男性から体の関係を求められたら、基本的には拒むべきではないということになります。
というのもこれは考え方ですが『求めてくれている』という風に捉えるべきであって、
それをウザいや不快と捉えてしまったら女として終わってしまうのです。

例えば女性が男性を求めた際『面倒くさい』とあしらわれたら、『この男はないな』と思うでしょう。
一方で『親切かつ丁寧に対応してくれた』という男性に対しては『いい人・優しい人』などのように好感を持つのでは?

女性にもこれが求められているということです。
女性の場合『自分が求めた時には応じよ』ということが前提にありますが、
にも関わらず『男性に求められた時には相手を選ぶ』という傾向があるためそれがNGなんです。

スポンサーリンク


『男性が求めてくれること』これはありがたいと思わなければなりません。
『体を求めてくれる男』こんな男性は滅多にいませんから、肉体関係の機会があったのならば、
どんな相手であっても拒んだりはせずに、積極的に深い関係になるようにしましょう。

『男女が深い仲になること』これは特別なことであるかのように捉えられますが、極めて普通の事なんです。
言ってみれば挨拶のようなもので、『相手を知るためにする』というのが肉体関係です。そのため、『しない理由はない』となります。

目の前にいる男性がどんな人かなど分かりませんよね。もしかしたらヤバい人かもしれませんし、反対にいい人ということもあります。
そういうことを知るための確実な手段として相応しいのが肉体関係となりますから、『男性と知り合ったらまずする』これが本来常識です。

そうでないと、仮に身の危険が迫っていたとしても自分では気付くことができないでしょう。
その男性がヤバい男だったとしても、関係を持たなかったらどうやってその情報を得るのでしょうか?

男女の仲にさえなってしまえば相手は油断しますし、なにより多くの情報を得ることができます。
従って、出会った男性とはできるだけ多く関係を持つようにして、自分を守るようにしましょう。


近年では危険な事件も増えていますから、だからこそ『先ずは関係を持つ』ということが重要なんです。
また男性の心理としても『関係を持った女には手を出さない』ということがあります。

『肉体関係=信頼』ということがありますから、これをしておけば『お前には何もしない』という証明を貰ったことにもなります。
することによって自分に危害が及ばないのならば、その方が全然良いのではないでしょうか?

また、『1回1回楽しむこと』これを心掛けるようにするとなおよくなります。
女性の場合『楽しめない』という人もいるのでしょうが、それは本人次第です。
楽しむように努力してみて、危険な男性をも味方にできる女性になりましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6