トップへ戻る

女性は自分を商品だと考えること

女性は自分を商品だと考えること

女性は自分を商品だと考えること

女性は『自分が商品だ』という意識と自覚が大切です。
これは『男を体で誘惑するべき』ということだけではありません。

男性を体で誘惑できる女性は自分に自信がありますし、
また決まっていい女ですからそんな女性になることは大切ですが、
それ以前の問題として『自分が商品』というのは、女性は美しさが大切な生き物ということです。

女性というのは、自分次第でどうにでもなるのです。
例えば胸が大きな女性は『それだけでアイドルになれる』ということがありますし、
顔が良くても同じことが言えるでしょう。
つまり、いつでも綺麗でいることが大切であり、綺麗でいるからこそ男性に見初められるのです。

スポンサーリンク


これは『ある商品を見た途端にこれだと確信する心理』とよく似ています。
同じようなものが並んでいても、手に取るのは一つの商品ではないでしょうか?

もちろん全部使ってみるという人もいるでしょうし、そんな男性もいます。
ですが男女関係の場合、『全部使ってみる』はなかなか許されませんから、基本的にはどれか一つなんです。

そうなれば、『その中で最も綺麗なものを選ぶ』これが常識になります。
敢えてダメなものを選ぶという男性など滅多にいませんから、
だからこそ女性は『選ばれる女』になることが大切です。

例えばデブの女性など、誰からも相手にされず、また選ばれることもないでしょう。
場合によっては『話しかけても無視される』ということもあるのではないでしょうか?

これは『どう考えても対象外だから』ということであって、言い換えれば商品価値がないということです。
現在の自分の商品価値は何点でしょうか?それを高めることが恋愛では大切です。

自分自身で『私は100点だ』と思えなければ売れることはありません。
開発者が自信を持てない商品などお客様が買ってくれるはずがないのですから、
まずは『自分で自分を好きになる』これができるように、綺麗を心掛けるべきです。

『私のここが嫌だ』こういう部分があるのならば直しましょう。
嫌だと思っているだけで何もしないのならば、やはり売れることはないでしょう。

商品というのは絶えず改良していくものです。
その結果、誰もが欲しいと思うものになっていきますから、その努力を惜しまないことが大切です。


『デブでもいいんだ』と開き直ってしまう女性もいますが、そういう女性が恋愛できるはずがありません。
しかもそういう女性は『デブでも可愛いと言ってくれる』と意味不明なことを言うでしょう。

デブが可愛いはずがありません。女性はスタイルが良い方がいいに決まっています。
これは多くの男性が望むことですから、デブはNGということを理解するべきです。
一般的にダメな部分があったらそれはダメです。妥協していたら恋愛などできませんので、完璧を目指しましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6