トップへ戻る

男性の家に行くときの注意点

男性の家に行くときの注意点

男性の家に行くときの注意点

男性との距離を縮めたいからと『家に行ってみたい』と言う女性もいますが、
現在では、これを言われると警戒する男性もいるのです。

男性は女性が家に来ると言っても、『100%体の関係』とは思わず、
『何か裏がある』と考えることの方が多くなっていますから、そうなれば、言い方次第で完全に警戒され、
かえって逆効果となります。

従って家に行きたい時には、男性が『確実にこの女が手に入る』と思える方法、これを使いましょう。
例えば『どんな家か見てみたい』と言われただけでは男女の仲になるとは限りませんよね。

スポンサーリンク


ですが、『今日泊めて欲しい』と言われたら、100%体の関係アリでしょう。
このように、同じ内容でも表現次第で全く捉え方が変わるのです。
男性としても『体の関係アリならば良い』と考えることは多いですから、そんな表現が大切になります。

女性によっては『泊まるからといってする訳ではない』と考える人もいますよね。
しかし、男性にはその考え方はありませんので注意しましょう。

男性は『泊まるのならばするのが当然』『宿泊料と同じ』このように考えています。
従って、体の関係を持つ気がないのならば、それなりの宿泊料を支払う必要があります。

女性が勝手に『泊まる=肉体関係は男の勝手な都合』と捉えるのは間違いで、
むしろ『泊まってもしなくていい』これこそが女の勝手な都合なんです。

ですので、そんな女にならないためにもしっかり義務を果たしましょう。『泊まったらする』これは常識です。
どんな男性が相手でも、これは絶対に必要な常識ですから、
それができないくらいならば男性とは関わらないようにして、恥をかかないようにしましょう。


女性は『するべき状況でしなかった』となったら自分が恥をかくということを理解していません。
というのも、そんなことがあったら男性はアリもしないことを言いふらすからです。

例えば『昨日○○がうちに泊まりに来た』『男経験がないとか言いながら突然泣き出した』などのように、
男性はとにかく言いふらします。

また『とんでもなく軽い女だった』とする男性もいます。
それを言われてしまうと、本気で好きな男性ができた時にもダメになってしまうでしょう。

例えば、『ありとあらゆるところまで触りたがる』こんな噂を流されたら、女性としては致命的ですよね。
ですので、こうならないためにもすることはしておくべきです。
しないというのは本来ありえませんから、大人同士しっかり楽しんで、責任を果たしましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6