トップへ戻る

好きに拘ることは間違い

好きに拘ることは間違い

好きに拘ることは間違い

女性の中には『好きに拘って男性を判断する』こんな人もいますよね。
肉体関係のチャンスがあっても、『好きじゃなかったらしない』という女性。

こんな女性もいる訳ですが、これはもったいないことですし、
さらには間違った考え方ですからそれは正すようにしましょう。

『交際と体の関係は別』これを理解できることが大切なんです。
真剣交際の場合、『好き同士で付き合う』これでいいですし、『好きだから付き合う』が当たり前でしょう。

スポンサーリンク


好きでもないのに付き合っていたらそれはストレスになるだけですから、
『好きじゃない』と感じたらすぐにでも別れることが望ましいでしょう。

従って、交際に関しては好きに拘ることがベストであり、それが唯一の考え方とも言えるでしょう。
ですが肉体関係に関しては、好きは関係ありません。

というのも、肉体関係というのは『楽しいかどうか』これがテーマなんです。
男女どちらもが楽しくできる、これさえあればいい訳ですから、そこに愛情など必要ありません。

従って、これをする際には、『楽しむ』という心構え、これこそが必要になります。
女性の場合、『楽しむというよりも気持ち』『女は気持ちで楽しむ』こんな風になるのではないでしょうか?

しかし、それは子供の発想で、大人の女ならば気持ちなどに捉われず、
どんな相手とでも楽しい時間を過ごせなければならないのです。

もちろん『生理的に無理』こんな異性とする必要はありません。
ですが、『外見的には全然アリ』こんな男性と良い雰囲気になった時に
『好きな訳ではないから』と避けてしまったら、それだけで『幼いな』となってしまいますよね。

これがダメなんです。
大人のいい女ならば『する時はする』『流れに任せる』『思いっきり楽しんでしまう』という考え方が大切ですし、
先のことはしてから考えればいいのです。

結果的に付き合わなくてもそれはそれです。
その瞬間楽しければそれでいい、これが大人の女の考え方ですから、しっかり理解して魅力的な女性になりましょう。


『好きに拘る女は子供』『その状況を楽しめる女は大人』こんな風に考えることができます。
いつまでも子供のような女では、確実に男性に相手にされなくなります。

男性だって『子供のようなおばさん』こんな女がいたら不気味に思うだけですが、
『大人の魅力を持った女性』だったらそれなりの年齢でも全然アリです。

何歳まで男から求められる存在でいられるか、これは自分次第です。
外見をどれだけ磨いても、内面の成長がなければ限界になりますから、
そうなってしまう前に正しい考え方を身に付けて、積極的に体の関係を楽しめる女性になりましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6