トップへ戻る

居候を申し出ること

居候を申し出ること

居候を申し出ること

男性の家に住まわせてくれと頼んでみること、これは一つの方法になります。
男性としては『女性と同居する』ということは楽しいことですから、女性が家賃や生活費をしっかり払うということがあるのならば、
『それも悪くない』と考える人もたくさんいます。

例えば『現時点では単なる友達』という関係の男性に『一緒に住むことってできない?』などのように聞いてみるなど、居候を申し出てみましょう。
というのも、一緒に住めば男女の仲になることは当たり前ですし、それを拒んだら同居も解消ですよね。

従って、『住む=する』なんです。
そう考えれば男性にとっては悪い提案ではありませんから、その女性が男性にとってアリならばOKしてくれるでしょうし、
断わるにしても、それは余程論外な女か、または『同居などあり得ない』という考え方の男性ということになります。

スポンサーリンク


また『とりあえず何泊かする』という考え方もありです。
いきなり同居ではなく、まずは2泊〜3泊してみて、その上で男性がどうするかを判断する、これならば全然アリでしょう。

男性としても、事前に数泊するのなら、『その期間に肉体関係が持てる』『同居できる相手かどうかを判断できる』となりますから、
お試し期間は大切となります。
女性にとっても『事前にどんな男性かを判断できる』ということは良いでしょうし、まずは何日か一緒にいるようにして、
その上で結論を出しましょう。

一緒に住むこと、これをすることで男女の距離は急速に近づくのです。
男女が仲良くなるために必要なことは『肉体関係を持つこと、常に一緒にいること』です。

そのため同居すればどちらもが可能となりますから、積極的に取り入れるべきでしょう。
また同居してしまえば、簡単に解消することもできないはずです。

肉体関係だけだと、『飽きた』ということを理由に終わりにすることもできますが、同居の場合、一緒に住んでいるためそれも難しいのです。
従って、女性にとってはメリットが多いのが同居ですから、気になる男性を見つけた際には一緒に住むことを提案し、良い関係を築きましょう。


男性は『一緒に住む』『一緒に旅行に行く』という言葉に弱いのです。
まだ体の関係がない女性にそんなことを言われたら、当然それを期待しますから、だからこそ、『失敗することが少ない』となります。

普通に食事に誘うとかだと、『奢らされる』と警戒する男性もいます。
そうなってしまうと、肉体関係よりも金の方が大事と男性は考えますし、女性にそこまでの価値はありません。
ですので、『どうすれば男性が期待するか』これを考えることが重要です。女性は期待させてこそ価値が出ますから、それをするようにしましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6