トップへ戻る

男性からの告白を断わる方法

男性からの告白を断わる方法

男性からの告白を断わる方法

男性から告白されても、それがNGな相手だったら断わる必要がありますが、
そこで問題になるのが『どう断わるか』ですよね。

女性によってははっきり『無理』と言えるでしょうが、そうではない人の方が多いのではないでしょうか?
また『断わるにしても穏便に済ませたい』だったり、
さらには『悪者になりたくない』『嫌われたくない』と考える人も多いはずです。

女性の場合『告白されたのはいいけど、それを断ったことによって自分が悪くなってしまうことだけは避けたい』
と考える人も多いでしょうから、だからこそ『どう断ればいいのか』と模索するのでしょう。

男性としても、告白の返事によっては『なんだこの女』となりますから、慎重になった方がいいことは確かですが、
あまりに考え過ぎるとかえってマイナスになってしまいますので、それも注意しなければなりません。

スポンサーリンク


・理想的な断り方とは
告白された時の理想的な断り方、これは、『はっきり謝ること』です。
例えば『好きだから付き合って欲しい』と告白されたのならば『ごめんなさい、でもありがとう』といったように、
自分の気持ちに素直になることが、実は最もスマートであり、さらに相手を傷つけない断わり方となります。

告白の断り方には『遠回しな表現を使う』という場合もありますよね。
『今は誰とも付き合いたくない』『仕事に集中したいから』といったように、
その人に対する気持ちではなく、自分の状況を説明し、敢えて明言は避けるというもの。

こういう断わり方をする女性もいますが、これをするとかえって印象が悪いです。
というのも、好きな人からそれを言われたらどう感じるでしょうか?

『今は』と言われたら『時間が経てば可能性あり?』と感じてしまうでしょうし、
『仕事に集中したい』と言われた場合も
『迷惑をかけなければいいのでは』『自分がNGな訳ではないようだ』と判断してしまうでしょう。

言った側は『悪者になりたくないから』『嫌われたくないから』という理由を含めており、
さらには『ここから先は空気を読んで』という意味も込めているのでしょうが、
好きという感情がある人間からすればそう簡単に割り切れるものではありません。

そうなれば結果どうなるかというと、『期待させられた』『振り回された』となってしまう訳です。
それでは、当初の目的である『悪者になりたくない』『断わるにしても嫌われたくない』という、
『穏便に済ませる』ができませんよね。

結果的には険悪になりますし、告白した側は『自分の想いを散々弄んだ奴』と憎悪の塊になりますし、
また断った方としては『どうして分ってくれないの?』だったり、
『しつこい』と感じるため、どうしても、告白を受ける前のように『普通でいる』ともいかなくなってしまうのです。

だからこそ、はっきりと『ごめんなさい、でもありがとう』と伝える、これが大切になります。
これを言われれば告白をした人も『告白には応えられない、でも感謝はしてくれている』と、
そこで終わりにすることができます。

重要なことは、『告白は嬉しかった』と気持ちを伝える作業です。
そのための『ありがとう』ですから、ただ『ごめんなさい』にならないように、
告白を断わる際には必ず『ごめんなさいとありがとうをセットにする』これを忘れないようにしましょう。


告白に関しては『スマートに断りたい』と考える人が多いはずです。
ですが、自分の気持ちを最優先にしてしまうとスマートになどできなくなります。

大切なのは『相手を傷つけないようにする』これになります。
そのためには、はっきり答えを出してあげるべきです。

だからこそ、『今は誰とも付き合いたくない』といったような、曖昧な表現はNGになります。
また『ごめんなさい』と断わるのと、『今は〜』と断った場合、
前者は相手を主体にしていますが、後者は完全に自分の都合でしかありませんよね。

だからこそ、断られた側は煮え切らない気持ちになってしまうのです。
『告白を断わる際には相手を主体にする』とにかくこれを最優先にしましょう。

また、どうやって断るべきかと悩んでしまうようならば、
理由などいりませんから『ごめんなさい、でもありがとう』といったように、
『気持ちには応えられないという謝罪』『告白してくれたことへの感謝』これのみを伝えて、
余計な発言はしないようにしましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6