トップへ戻る

女性は相手にしてもらえるうちに行動すること

女性は相手にしてもらえるうちに行動すること

女性は相手にしてもらえるうちに行動すること

女性というのは『相手にしてもらえるうちに行動するべき』ということがあります。
というのも近年の男性は『そこまで女性に興味がない』という前提がありますので、男性が興味を持っているうちに積極的にならないと、
そんな女はどうでもいいと思ってしまうのです。

ですので女性は『基本的に積極的になる』とすることが大切ですし、
『いつでも男性の要望に応える』という気持ちを持っていないとそれが伝わりませんので注意しましょう。

例えば『私は積極的になっている』と思っていても、男性にそれが伝わらなかったら何の意味もありませんよね。
というのもそれって『積極的になれていないから』ということが全てにありますし、
『私はこれでも積極的になっている・頑張っている』こんな風に思っても、結果が出なければ意味がないんです。

スポンサーリンク


どんなことでもそうですが、『結果が全て』ですよね。例えば入試でも『頑張った』だけでは意味がないでしょう。
志望校に入れて始めて意味がある訳ですから、男性に積極的になることに関しても、
『気に入ってもらえて初めて意味がある』ということを理解しなければなりません。

従って『どうすれば男性は気に入るか』またどうすれば『アピールに気付くか』ということを考えることも重要になります。
男性というのは『食事に誘われた』だけでは『この女は積極的に行動している』とは捉えません。

より確実な方法としては『肉体関係を持ってしまうこと』となりますが、問題は『どうやってその状況を作るか』でしょう。
女性としても『気になっている男性と関係を持つことにはむしろ積極的』でしょうが、そういう状況にない限り、
これはなかなか難しいことのはずです。

ですので、男性の家に行くなど、そういう機会を作ってしまえばいいのです。これは自分の家でもどちらでも構いません。
誘いやすい方に誘い出して、その場でしてしまえば男性としても積極的な女だと感じますし、そうした時点で初めて恋愛の対象にしてくれます。

このように、女性が男性に相手にしてもらうためには努力が必要なんです。
受験と同じようなものですから、『簡単ではない』ということを理解して頑張りましょう。


『体を生かす』これができれば男性も女性の気持に気付くかもしれません。むしろ『それができない女は論外』となりますので注意しましょう。
男性は『そこまで交際することに興味がない』となっていますから、面倒くさいことが少しでもあるのなら、それは避けたいのです。
『先ずは肉体関係』これが絶対条件ですから、このくらいのことは理解できる女性になって、男性との距離を縮めましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6