トップへ戻る

年賀状に子供の写真はアリ?

年賀状に子供の写真はアリ?

年賀状に子供の写真はアリ?

『年賀状に子供の写真を載せる』これはアリなのかどうか?
『子供ができなくて苦しんでいる人もいる』と話題になったこともあるため、
慎重になるべきなのは確かなことです(ヤフーニュースより)

子供がいる人にとっては『普通のこと』でも、『いない』『できない』という人にとっては苦しいことであり、
また『嫌がらせ』とも取れる行為ですから慎んだ方がいいとも考えられます。

もちろんそんなつもりはないのでしょうが、人間は必ず他人と比較するものですから、
年賀状という年に一度の報告イベント時には、細心の注意を払った方がいいのです。

スポンサーリンク


例えば『家を購入しました』と書くのか、『住所が変わりました』と書くのかで印象は全然違いますよね。
どちらも同じ意味で、『一戸建てを買った』ということには変わりありませんが、
相手の状況次第では嫌味になることもあるでしょう。

また送り主の性格が勝つことに拘るタイプだったら、
受け手は『コイツ自慢している』『勝ち誇っている』と捉えることだって普通にあります。

人それぞれ状況は違うため、こういうことは難しいのです。
特に1年間会っていない相手ならばどう変わっているかなど分からないでしょう。

従って、年賀状に関しては『最も無難なものを選ぶ』これが良いと考えられますので、
場合によっては自慢になってしまうものは避けましょう。

一方で『子供の写真を送りつけられるのは単純に不快』という人もいます。
これに関しては好みの問題ですから、子供がいるいないに関係なく、
また欲しい欲しくないとは別に、『それそのものを不快だ』と捉える人だって普通にいます。

例えば、『去年南米に行ってきました』と、
タランチュラの写真を載せられたら気持ち悪いと感じる人もいますよね。これと同じことなんです。

クモに関しても『気持ち悪い』と思う人、
『美しい』と感じる人それぞれですから、『写真』というのは無難なものにした方がいいです。

特に子供に関しては、自分が愛してやまないというだけであり、他人は概して無関心です。
『別に年賀状なんだからいいじゃないか』と考える人もいるかもしれませんが、
『不快な思いをさせる奴』という印象を与えることもありますので、
元日の一日だけのことではないと考えることが大切です。


『自慢になる』『嫌味になる』こういうことは絶えず起こりますので、無駄に刺激しないように注意するべきです。
自分にとっての喜びが、人にとっても共感されるものとは限りません。

特に子供に関しては、万人の幸せや喜びではないのでそれを理解することです。
人の気持ちが分からないおかしな人だと思われないためにも、配慮を忘れないようにしましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6