トップへ戻る

子供に対する男性の考え方

子供に対する男性の考え方

子供に対する男性の考え方

『子供は国の宝』と言われますが、
これを訴えるのは『一部の母親のみ』ということもありますので勘違いしない方がいいです。

『子供は絶対に大切だ』『誰もが守るべき存在だ』と訴えたいのかもしれませんが、
まずは親がしっかり管理するべきでしょう。

ペットと同じで、『飼い主がリードをつけて管理していないと迷惑なだけの存在』ということも現実的にあります。
もちろん人間と動物は違いますが、
大切なことは『責任を持って育てているか』『何よりも、親が自覚を持っているか』ということですから、
それを忘れてはならないのです。

スポンサーリンク


そのような責任も果たさないで
『誰からも愛されるべき』『守られるべき』という考え方を持ってしまうことはよくないですし、
それでは反感を買いますから注意しましょう。

女性は母親になると、強烈に子供を愛おしく思うものですが、そう思っているのは自分だけですから、
それを忘れないことが大切です。

また、『そもそも男性は子供をどう思っているのか』これも知るべきです。
男女では子供に対する考え方が異なるため、これを分っていないと恥をかくことがあります。

男性の場合『単純に迷惑な存在』ということがあります。
というのも、体の関係だけを楽しみたい男性にとっては『できてしまった』というのは本当に迷惑なことです。

またその時に女性が喜んでいて、
しかも、『当然男性も共有するだろう』という姿勢だったら、男によってはキレます。

『こっちは迷惑なんだ』となったり、『俺のガキじゃないからな!』となる人もいますので、
『誰もが喜んでくれるもの』とは思わないようにしましょう。

現代の男性は、『基本的には子供を望まない』ということの方が多いです(2014年現在)
というのも、子孫を残していくという考え方よりも、『今を思いっきり楽しむ』と考える人が多いため、
だからこそ子供などいらないとなるのです。

子供ができたら自由が無くなりますし、そういうことは男性も十分承知です。
『それならば体を求めるな』という女性もいるかもしれませんが、それは偏った考え方です。
『子供を作るための行為』ではありませんから、むしろ楽しむということを覚えて、魅力的な女性になりましょう。


昔のように家を大切にする時代ではありませんから、それを受け入れた方がいいです。
『何百年も続いている名家』というのならば重要なことでしょうが、
ごくごく普通の家庭ならば跡取りなどどうでもいいことです。

また、女性もそのように考えた方が人生を楽しめます。
子供や結婚さえ考えなければ『若い』の基準が変わってきます。

『結婚と子供』これを考えた場合30歳でも焦る必要がありますが、
それらを取り除いた30歳は、『まだまだこれから』でしょう。
全ては考え方次第です。どうしたら自分が楽しめるかを考えましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6