トップへ戻る

結婚はするべきかどうか?

結婚はするべきかどうか?

結婚はするべきかどうか?

『結婚はした方がいいのか』これはよく議論になることでしょう。
するべきかどうかということは人それぞれですから、『どちらが正解』ということはないはずです。

従って、自分がしたい選択をすることが大切になりますが、
注意するべきことは『周りに流される』『ライバルがいるから』といったように、
気持ちとは関係なく『結婚できたことが勝者だ』と思ってしまうことです。

スポンサーリンク


2014年現在では、結婚しないことも普通になっています。
そのため、『しない』という選択だって全然おかしいことではありませんし、
既に『結婚できたから勝ち組』『できていない女性は負け組』ということはないでしょう。

それにも関わらず、女性の中では未だに結婚に拘り、
『あの子がしたから負けていられない』とそこにばかり拘ってしまう人もいますが、
そういう考え方を持ってしまうと人生を失敗することになりますので気を付けた方がいいです。

現在独身でいるのは『一人が楽で幸せだから』かもしれません。
気持ちとしては『一人でいるのはヤバい』と焦るかもしれませんし、
周りがどんどん結婚していけば、それをプレッシャーに感じることだってあるでしょう。

ですが、『本当はどうしたいのか』ということが何よりも大切ですから、そこを理解していないと本当に後悔します。
恋愛自体相手もいることですし、夫婦になるともなれば簡単なことではありません。

特に式を開いたのならば、大勢の人に祝福してもらうことにもなるため、
簡単に『別れました』ともいかなくなるでしょう。

もちろん、離婚するかどうかも二人のことですし、『祝ってもらったからするべきではない』ということもないでしょう。
ですが、そういうことを簡単に決断してしまうと何れ信用を失うことになりますので、
そうならないためにも、自分にとって何が必要かということを考えて行動するようにしましょう。


『結婚は女の幸せ』これはすでに崩壊しているとも捉えることができます。
これはもちろん良い意味で、現在の場合、女性の社会進出が活性化していますので、
男性に頼らなくても生きていける時代になりつつあるでしょう。

女性によっては『それでも男に頼りたい』と考えるでしょうから、そんな人は相手を探すのも当然ありです。
ですが、『人に頼らない生き方』この選択ができるようになったということは社会が大きく前進したということですから、
それを生かさないことはとてももったいないです。

『自分の人生を最後まで楽しみ全うする』これが可能な時代です。
やりたいことを見つけてそれを突き詰めていくこともまた楽しいですから、ひとつに捉われないようにしましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6