トップへ戻る

露出の限界年齢とは

露出の限界年齢とは

露出の限界年齢とは

『女=露出』といってもいいくらい、女性は露出することが求められるでしょう。
肌を出せる女性こそが男性からモテて、
美人でも全く出さないと『男性からモテることはない』こういっても過言ではないくらい、
『出せるかどうか』『出すかどうか』というのは重要なはずです。

その証拠に、女性の服は男性のものよりも露出されるデザインになっていますし、
芸能人や有名人はとにかく出すことが多いですよね。
『美しい女性=露出』こんな常識がありますので、そんな女になりたかったら出すことが大切といえるのです。

スポンサーリンク


しかしながら、この露出には年齢的な限界があります。
『おばさんが肌を出す』こういうことがあるとかえってマイナスになるため注意が必要となります。

年を取った時には『もう出せる年齢ではない』と自覚することが大切なんですが、
女性によっては『おばさんになってからの方が出す』という人もいて、男性はかなり迷惑しています。

おばさんになると羞恥心がなくなり理性が崩れるのでしょうか?
『そんな格好をしたら周りが迷惑だ』
ということを考える能力が低下しているとしか言いようがない女性が増えていると言えるでしょう。

男性は『おばさんの肌など見たくない』このように思っています。
にも関わらず『胸元が大きく開いた服』『短いスカート』『ノースリーブ』といったように、
周りの迷惑も考えずに露出する人がいますが、そういうのは全てアウトです。

『露出は若い女性にのみ許されるもの』これを理解して、『おばさんだ』と感じる女性は出さないようにしましょう。
また、おばさんというのは30歳代くらいからの女性です。

30歳代の場合、自分がおばさんだとは思っていないことが多いでしょうが、
男性からすれば立派なおばさんであることが殆どです。

30歳代でもいい女というのは稀ですし、そういう女性はかなり鍛えていて、
体型も『今が一番良い』と自信を持っている人です。

そんな女性ならば『脚を出す』『胸元が開いている』くらいは許されますが、
それでも年齢的に大胆な露出は品がないとされます。

どんな人でも年齢には勝てないのが現状です。
また年を取ったのならば『肌を出さなくても魅力的になる』これが大切です。

若い女性は自分の見せ方を知らないからこそとにかく出す訳で、
30歳を過ぎてもその状態では見っとも無いですから、そんなおばさんにはならないようにしましょう。


男性は『胸元・脚』これらの露出ならばある程度おばさんでも許せると思っています。
ですが、『ノースリーブ』これに関しては若い子限定と捉えています。

意外かもしれませんが、脇というのは汚い印象があるため、おばさんならば出さない方がいいです。
例えば『おじさんのノースリーブ』これは強烈なのでは?
印象は全く同じです。こんな迷惑な存在にならないためにも、出したい衝動を抑えられる女性になりましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6