トップへ戻る

男が女を養うもの?

男が女を養うもの?

男が女を養うもの?

女性は『男性が女性を養うもの』と思っていますよね。
確かに一昔前まではそうでしたが、現在はそうでもないでしょう(2014年現在)

ですが、それでもなお『男が女を養うべき』『女には金を出させないべき』と考える女性もいますが、
これはどこまでが尊重される意見なのかは難しいところでしょう。

というのも、現在は男女平等です。
そうなれば、『男が女を養うべき』という考え方は男性差別に当たるでしょう。

スポンサーリンク


女性は『俺が養ってやる』くらいの意気込みがある男とじゃないと結婚などできないと考えるのかもしれませんが、
果たしてそんな男性がどのくらいいるのでしょうか?

男性の多くは『奥さんにも働いてほしい』と考えますし、また『できれば自分は働きたくない』と考える人もいます。
このように、現在の男性は『男が養うべき』などとは思っていませんし、
そもそも『平等』という考え方を受け入れているのです。

そのため、女性が望むような考え方は通用しませんし、
そんな考え方のままでは結婚してくれる男性などいませんので、それは理解するようにしましょう。

むしろ、上述したように男性は『できれば働きたくない』と思っています。
そのため、『私が養ってあげる』という女性が現在ではモテます。

近年は、女性の社会進出が急速に発展していますから、
それならば『女が男を養う』という時代になってもいいのではないでしょうか?

男性が家を守り、女性が外で働く、こんな形もありでしょう。
『女は子供ができたら働けない』とする女性もいますが、それは別問題です。

子供は作らなければいいことですし、万が一できた時にはその時考えるという方法もあります。
また現在の男性は『進んで結婚しようとは思わない』ということもありますので、
それならば、『女性が考え方を変えるしかない』こんなこともあります。

男性に好条件を出すことで結婚してくれることもありますので、
それができる女性になって、幸せを手に入れましょう。


『男が女を養う』この考え方は捨てた方がいいです。
これを言っていると『ひとりでは何もできない弱い女』と判断され相手にされません。

男性は『自分のことは自分でできる』という強い女性を求めていますので、
『男性の力など借りない』という女性が理想なのです。

男に頼って生きていくのが当然、このくらいの女性もいますが、これは違います。
10歳代・20歳代の女性ならばそれもできるでしょうが、30歳代からは『頼って生きていく』と考えても、
頼らせてくれる相手がいませんから、結局一人になります。
誰に言寄っても無視されて終わりになってしまう前に、自分で生きられる強い女性になりましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6