トップへ戻る

下心がない男性とは

下心がない男性とは

下心がない男性とは

近年では『下心がない男性』こんな人がいます(2014年現在)
下心がないというと、女性は安心するでしょう。

ですがこれは、プラスの意味ばかりではありません。
確かに男性に下心がなければ、女性がどれだけ露出をしていても『魅力的だ』と感じることはなく、
また『男女の仲になりたい』と思うこともありませんから、
女性にとっては安全で安心な生活が送れると言えるでしょう。

スポンサーリンク


女性にとって男性とは危険な存在であり、特に『見られるだけでも不快』という女性もいるのではないでしょうか?
例えば、『道を歩いているとニヤニヤと見てくる』こんな男性はたくさんいるでしょうし、
学校や職場でも、男の視線を感じない日はないというものでしょう。

またそれでも、『女としての魅力は保ちたい』と考えるのでしょうから、
露出をしたり、綺麗を心掛けることは止められないはずです。

このように、男性に下心があると、女性はどうしても警戒しないといけないのです。
そのため、下心ナシという男性はとてもありがたい存在だと思うでしょうが、
実際には『下心を持たない男性は女性とは関わらない』となるため、だからこそメリットばかりではないとなる訳です。

男性の場合、下心があるからこそ女性と我慢して関わっていたという経緯があります。
関係が持てるかもしれないからこそ女性のつまらない話も聞いて、
どうでもいい話にも興味をもつ訳で、そうじゃなかったら、女性となど関わる価値はないでしょう。

女性だって『この人と関わっても意味がない』こうやって感じる人がいるはずです。
下心がない男性にとっては、『女性』という存在全てがそれにあたりますから、
そうなれば、『男女の友達』『頼れる相手』ということもなく、
完全な他人であり、何かあった時にも助けてくれない存在となる訳です。

ですので、『男に下心がない』これは喜んでいられるものではありません。
むしろ、下心がある男の方が健全であり、そんな男性の方が都合がいいですから、女性はそれを理解しましょう。

全く魅力がないと思われたい女性はいないでしょう。
下心とは『この女は魅力的だ』これを判断する基準ですから、どんな男性にもあった方がいいと考えられます。


女性の場合、『下心剥き出しの男』『下ネタを言う男』これを嫌う傾向がありますが、
本来ならば、こんな男性こそ受け入れるべきです。

男性が下ネタを言った途端嫌な顔をする女もいますが、本当はそうではなく、
『下ネタの一つも言わない男』これに不快にならなければなりません。

女性を前にして下ネタを言わない、これは『その女は魅力がない』『女に見えない』ということです。
女性はこの辺を勘違いしていますが、女というのは、『下心を持たれてこそ』となります。

男性がしたいと思う女性にならなければ価値がありませんので、
それは十分に理解して、自分に磨きをかけましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6