トップへ戻る

何かあっても助ける価値がない女とは

何かあっても助ける価値がない女とは

何かあっても助ける価値がない女とは

『何かあってもこんな女は助ける価値がない』男性はこんな風に感じることがあります。
女性は『男は女が危険な目に遭っていたら、無条件に助けるもの』と思っているでしょう。

また多くの男性にそんな気持ちがあれば素晴らしいものですが、残念ながらそれはないのです。

というのも『女性の態度によって不快な思いをしている男性』こういう人があまりにも多いため、
そんな男性は『別に女など助けなくて良い』という心理状態になってしまうため、
なにかあっても、また目の前で女性が危険な目に遭っていても、
『自分には関係ない』『助ける価値などない』と思ってしまうのです。

スポンサーリンク


男性がこのように感じるのは
『自分への態度が素っ気ない』『上から目線の女が多い』『酷い振られ方をした』これらが原因です。


男性も人間ですから、自分への態度が悪かったらそれを不快に思わない訳ではありませんし、
そういうことがあれば、始めのうちは『この女はどうでもいい』と思いますが、
そんな女が二人、三人と増えてきたら、
『女などどうでもいい、なにかあっても助けない』と考えるようになるわけです。

さすがに自分が加害者になることはありませんが、一切無関心になってしまうことは仕方がないでしょう。
女性の中には『そこで助ければ女の態度も変わるのに』とか言う人もいますが、これが上からなんです。

『助けないと態度が変わらない』『助ければ真面な態度になる』これはどう考えて見下しているでしょう。
どうして初めから真面な態度を取らないのかということですから、そんな女には疑問符が打たれるところです。

また、『過去に酷い振られ方をした』こんな男性の場合、女そのものに不信を抱いていますから、
関わるべきではないと考えています。

こういう男性の場合『自分がなにかをすると必ず嫌な思いをする』と思っているため、
やはり目の前で女性が危ない目に遭っていても助けることはないのです。

このように男性は『普段の女の態度』これによって緊急時の対応が変わります。
女性はどこかで男性に頼らなければならないのですから、
あまり見下したり素っ気ない態度を取っていると後悔することになります。

何かあってからでは遅いですし、あった時に『どうして助けてくれないの?』と思ってもそれは自分の責任です。
『助けてもらえる女になること』これも大切なことですから、普段の態度を注意して、気に入られる女になりましょう。


『そうは言っても何かあれば男は助ける』『助けなかったら同罪』などのように思う女性もいるでしょう。
ですが、本来助ける義務はありませんし、また助けることにはリスクが伴います。

そのため、『普段女性からどんな態度を取られているか』これが大きく関係するのです。
男性も本質的には助けたいという気持ちを持っています。

ですが人間には感情がありますので、そういう場面でこそ、『こんな奴』『あの態度じゃ』と思ってしまうのです。
さらにはリスクがある訳ですから、どうでもいい存在のためにそこまでする男性が果たしてどのくらいいるでしょうか?

『男性が助けたいと思えること』こうなることが大切ですから、
女性は接し方を考えて、男女どちらもが求め合える関係を築きましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6