トップへ戻る

下心を持たれる女になること

下心を持たれる女になること

下心を持たれる女になること

女性は出会った男性から『下心を持たれているかどうか』これに敏感になった方がいいです。
下心というと悪いイメージがありますし、また女性自身も『そんな風に見られたくない』と思うことが多いでしょう。

ですが『下心を持たれない女』こんな風になってしまうのはどうでしょう?
男性と出会っても『女として見られている気が全くしない』『どう捉えても、私を異性として見ていない』
どんな男性と出会ってもこのような状態だったらさすがに悲しいのではないでしょうか?

もちろん『いつ誰と会ってもエロい目で見られる』これも嫌でしょうが、『どちらの方がいいか』と考えたら、
女と見られないよりかは常に下心を持って見られた方が納得がいくというものでしょう。

スポンサーリンク


ですので女性は『どうすれば女として見られるか』これを考えるべきです。
例えば、全く露出しない女だったら見られない可能性も高いですよね。

また『お洒落に無頓着』こんな女もNGです。同様に太っている女もダメですし、だらしない女性もアウトです。
このように、男性が下心を持ってみるかどうかには、『女性らしさ』これが関係しているのです。

外見が女性らしいことはもちろん、言動などの性格的な部分も女であることが大切ですから、
外見面では綺麗に露出すること、また男性はどこを見たいのか、これを理解することが大切になります。

また性格では『男は女性のどんな言動に弱いのか』これを探ることです。
引く言動があればその気になってしまうような言動もあります。

従って、どんな時でも男がその気になるような言動を心掛けて、『ついつい下心を持って見てしまう女』こんな女性になりましょう。
女性は男の下心を勘違いしている部分があります。『下心=女性に手を出す』ということではありません。

むしろこれは、女性に対する評価です。『これだけいい女』『ついつい見てしまうほどのいい女』これが下心です。
ですので、見られないことの方が問題なんです。

例えば『今日は完璧』と思えるほど可愛く出来上がった日に、男性の視線を全く感じなかったらショックなのでは?
見られないと『私ってダメ?』と不安になるでしょう。男性もそれは分かっています。

ですが、できるだけ見ないようにしている部分もあります。
そんな状態でも見てしまう女性こそが本当のいい女ですから、それを目指しましょう。


国によっては『女性を見ないことは失礼』こんなところもあります。
日本の場合『見ることは失礼』となりがちですから男性も遠慮気味ですが、女性が捉え方を変えることで、
女性自身が自分に自信を持てるのです。

人から評価されることは大切です。
自分だけでは限界になってしまいますから、そうなる前に男性の視線を受け入れましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6