トップへ戻る

考え方を変えるだけで人生が楽しくなる

考え方を変えるだけで人生が楽しくなる

考え方を変えるだけで人生が楽しくなる

『どんな考え方を持っているか』これ次第で人生は楽しくもなれば地獄にもなってしまうのです。
例えば『好きな人としか関係を持たない』こんな考え方の女性だと、人生って地獄になりますよね。

というのも、『好きな人と出会う可能性』というのは意外にも低いですし、
さらにはその出会えた好きな人と『付き合える可能性』というのはもっと低いからです。

そう考えれば、男女関係で大切なことって『好きかどうか』ではなく楽しむことでしょう。
好きに拘っていたら楽しむことなどできませんから、人生を無駄にしないためにも、『楽しめるための考え方』これを身に付けて、
いつまでも笑っていられるようにしましょう。

スポンサーリンク


『好きに拘ってしまう』このような人が、『何年経っても昔好きだった人の話をする』だったり、さらには老婆になってもそんな話をするという、
孤独な人生を送ることになるのです。つまりは、『過去に拘る人生』ということです。

楽しんでいる人とそうでない人との決定的な違いは『現在や未来を見ているか』それとも『過去ばかりを気にしているか』ということです。
過去にばかり拘る人って、『その過去が解決されていないからこそそこに拘る』ということで、
要するに『持っても仕方がない未練を抱いている』ということです。

どうにもならないことに未練など持っていても仕方ありませんよね。
しかもこのような人の過去って、『相手は何とも思っていない』ということが多いものです。

つまりは一方的な片思いだったり、またはストーカー的な自分勝手な気持ちというだけで、相手には全く気付かれていなかったり、
さらには迷惑がられていることもあります。

そんな過去に拘って何年も生きていて、
しかも『あの時私がこうしていれば、あの人と付き合っていたかもしれない』などのような思いを描くことってかなり不気味でしょう。

ですので、『ダメだった過去には捉われない』とすることと、『好きには拘らない』として、どんな可能性でも生かせるように、
いつでも未来だけを見れる女性になって、恋愛を楽しむようにしましょう。


過去に捉われていてもいいことはありません。例えば『過去の失恋が怖くて前に進めない』これもダメの典型のようなものです。
その失恋のせいで前進しないのかということですし、そうやって誰かのせいにして止まっていると、結局損をするのは自分です。

どんな考え方を持っているか、これは重要です。交際が全てではありませんし、好きに捉われる必要もないのです。
チャンスは生かすためにあります。
男性と親しくなる機会があったのなら、好きかどうかなど考えずに積極的になって、前に進むようにしましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6