トップへ戻る

お礼できる女になること

お礼できる女になること

お礼できる女になること

男性は女性を助けたり手伝ったりすることはありません。というのも、女性はお礼をしないからです。
ですので女性は『お礼できる女になる』ということを考えて、男性から助けてもらえる女になることが大切でしょう。

例えばバカな女だと次のような考え方を持った人もいるでしょう。職場などで女性が荷物を持っていて、
男性が手ぶらだと『男のくせに持つって言わないの?』と、男性が持つことが常識だと思っている女。

こんな女性は大きな勘違いをしていますので注意しましょう。まず、このような上からな考え方だからこそ『持つ』と言ってもらえないのです。
また、男女は平等ですし、これは職場のみならず、どんな環境においても言えることですので、
女性は一先ずこの男女平等を理解することが大切なんです。

スポンサーリンク


男性が偉い社会だった時には『女性は上からでよかった』ということがありました。
というのも、実際には男性の方が立場が上でしたから、それならば『態度くらいは上からでも、その方が可愛げがある』ということがあったのです。

ですが現在のように男女平等の場合、『上からの女』というのは全てにおいてダメな女なんです。
というのも、男性はかなり我慢しています。女性は自分達の都合で男女平等を主張し、不利な部分では『男性が動くべき』と訴えてくる。

こうなれば、『単純に男性が損をする社会』となりますから、それに納得するはずもなく、結果的に『女など助けない・手伝わない』となるのです。
ですので近年の男性は『女性がどれだけ困っていても手伝わない』『女性がどんなに危険な目に遭っていても助けない』
となりますのでそれは覚悟しましょう。

『ここで助けてもらえなかったら終わり』こんな状況でも男性は『お前たちが悪い』と言わんばかりに無視して去ってしまいますから、
それが嫌ならばしっかりお礼できること、さらには『自分達の立場をわきまえること』これを心掛けて、
何かあった時には助けてもらえる女になりましょう。


『どんなお礼が必要か』これは言うまでありませんが、『肉体関係』となります。
男性は『一度手伝った』ということに関しても『お礼は肉体関係で』と考えていますから、それができない女はダメになります。

例えば『重いものを持つ』という状況でも、それを何とか自分の力で持つか、または男性に持ってもらい、
お礼として体の関係を持つかのどちらかになるのです。

そうでないと、男性としては手伝うことのメリットがありませんから、『私を手伝ってくれたお礼は体です』というのを分りやすくアピールして、
男性が『それなら手伝ってやるか』という状況を作りましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6