トップへ戻る

沈黙は破らないとダメ?

沈黙は破らないとダメ?

沈黙は破らないとダメ?

『彼氏と二人でいる時の沈黙』『出会ったばかりの人との沈黙』『車の中での沈黙』など、
一緒にいて気まずくなってしまう瞬間がありますよね。

『何か話さなければ』と必死になってしまったり、
その場にいるのが苦しくなるなど、人によってはとても苦手でしょう。

この沈黙は破らないとダメなものなのか?
会話がなく沈黙状態が続くと『上手くいっていない』と思いがちなはずです。

親しい関係だったり、出会ったばかりでも仲が良ければ盛り上がる筈と考えるのが一般的でしょう。
ですが、沈黙だからと言って無理に破る必要はありませんし、それが上手くいっていないとは限りません。

デートや異性関係は会話だけではありませんから、
『沈黙が苦しい』『これではダメだ』と捉えるのではなく、こういう状況も一つだと考えてみましょう。

スポンサーリンク


・必要がなければ話さない
『必要がなければ話さない』こんな考え方もアリです。
例えば初デートでも、その場の雰囲気が良かったら、
無理に盛り上がるよりも浸っていたい場合もあるのではないでしょうか?

言葉を交わすよりも沈黙の方が通じ合う場合もあります。
むしろ、それで通じ合えるのが大人の関係とも言えますので、そういう技術も身に着けてみましょう。

『沈黙=破る』これは『つまらないと思われたくない』という気持ちからのはずです。
自分が楽しんでいればそんなことは感じないはずですから、
言葉などいらないくらいにその一日を楽しんでみて、何が大切かを感じとりましょう。


・破るべき沈黙とは?
一方で破るべき沈黙は、明らかに重たい空気の時です。
意見が衝突したり、相手がイラついているなど、こういう時には破る努力をした方がいいでしょう。

つまり沈黙を破るとは、『相手をサポートする』ということです。
恋愛関係では、『このまま悪い方向に進まないようにする』これが沈黙を破るという行為ですから、
そこを捉え違わないように注意しましょう。


会話がないから何とか見つける、こんなことをする必要はありません。
会話など、黙っていても何れは出てくるものです。

また、『ほとんど話さなかった』と感じても、気になっていればまた会いたいと思いますから、
基本的なやり取りを終えたら、後は流れに任せてみましょう。
重要なのは性格が合うかどうかですから、それを見極めることを大切にして、異性関係を成功させましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6