トップへ戻る

『別れよう』と感じた時にするべきこと

『別れよう』と感じた時にするべきこと

『別れよう』と感じた時にするべきこと

『もう無理だ、別れよう』と感じた時には、
感情的になって即別れてしまう人も多いでしょうが、それは得策ではありません。

『別れたい』と感じたら、
その相手とは一秒たりとも一緒にいたくないでしょうから感情的になってしまうのも分かりますが、
そうなると後になって後悔する場合が多いです。

一方的に別れたのは良いものの
『相手の家に私物を置いている』『相手に物や金を貸している』という状態だったら回収が難しいでしょう。

スポンサーリンク


一方的に振られた側としては『簡単には返さない』となるでしょうからそういうことも十分に考えた方がいいです。
恋愛で最も大変なのは別れの時、この瞬間が面倒くさいから恋愛しないという人もたくさんいます。

一方で、ここさえ上手くやれば交際を楽しむことができますので、
別れようと感じた時、この瞬間にも冷静になれるように、先のことまで考えられるようにしましょう。


・計画的に交際をする
人によっては、どんな時でも感情的にはならず、いつでも冷静に恋愛をする人がいます。
『嫌だな』『不快だな』『バカにされている』と感じても、その場では感情的にならず、
『こういうことがあったからこれをしよう』と計画的に進められる人がいるのです。

こういう人は『どんな相手のことも好きになり過ぎない』だったり、『いつでも自分が主体』という特徴があります。
好きになり過ぎないからこそ冷静かつ客観的に対処できる訳で、
さらに、その気持ちが相手にも伝わるからこそ相手が追いかけてくるのです。

また恋愛をする際には『相手を幸せにしたい』と考える人がいる一方で、
『自分が幸せになるためには』とこれしか考えない人も多いはず。

もちろん前者が正しくて後者は悪となりますが、それでも、後者の方が賢い恋愛ができたりする訳です。
恋愛に限らず、ビジネスでも人間関係でも、
『自分の計画や目的のために人を利用する』こういうタイプの方が成功します。

さらに上手い人は、『自分の計画のために利用しながらも、相手にも良い条件を提示する』これができる訳です。
だからこそ人がついてくる訳で、これは恋愛にも必要な考え方です。

女性の中には『とにかく私の感情』と、
かまってもらうことしか考えられない人がいますが、それは賢くありません。

そうなると男の気持ちは冷める一方ですから、
どうすれば思い通りに動くか、これを考えて、計画的に交際してみましょう。


・しっかりやり返す
計画的に交際している人は、別れようと感じた時には徐々にやり返すものです。
長い期間付き合っていれば、相手に対する不満や我慢もあるはず。

感情的な人の場合、それをやり返すことなく一方的に別れてしまいますが、
計画性がある人の場合、『抱えている不満は全て払拭してから』となるはずです。

例えば、『男性の自信を完全に奪ってから』だったり、
『今までは言えなかったことを全て言ってから』といったように、
そのまま別れたら後悔しそうなことはすべて解決しておくのです。

これはとても重要なことです。
というのも、別れてから『あれが不快だった』と思い出しても遅いですから、
そういうことはその場で言い返すべきです。

少なくとも交際中にやり返さないと気分が晴れませんからこの作業は大切になります。
例えば『なんでも彼の言いなり』『一切否定しない』という状態ならば、少しずつ否定的になってみましょう。

人間は否定されることに強いストレスを感じます。
特に、『普段は自分の話を何でも聞く』この相手に否定されると怒りさえ覚えますから、
そうやって徐々に距離を取り、時期を見て別れた方が自分がスッキリします。


別れようと感じた時には、否定できる勇気も必要です。
負担や我慢があり、居心地が悪いから別れるのでしょう。

相手が上からになっており、それが不快だから別れるはずです。
ならば、そのままの状態で別れても後悔します。

『やり返してから』これが絶対です。完全に見下されている訳ですから、それを覆してから別れましょう。
別れた時に『やっと解放された』と感じるようではダメです。
『完全勝利で叩き潰してやった』と思えない限りかならず苦しみますから、それを忘れないようにしましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6