トップへ戻る

男の目つきに敏感になること

男の目つきに敏感になること

男の目つきに敏感になること

『男が女を見る目つき』これは状況や見方によって理由が変わってきますので、
女性は『どんな風に見られているか』ということをしっかり見抜くようにしましょう。

例えば『露出された脚を見てくる』これには
『いい脚してる』『やりたい』『魅力的だ』といったプラスの意味も含まれていますが、
『体だけ』『品のない女だ』『全くそそらない』といったようなマイナスな意味もありますので、
脚を見られたからといって、それが確実に、『私を女として見ている』とは思わない方がいい訳です。

スポンサーリンク


しかも男というのは、女の脚があったら自然に見てしまうものなんです。
それがよほど酷い脚だったり、完全にNGな女だったらさすがに見ませんが、
一般的には『露出されていたら見る』というのが男の習性ですから、それを理解しましょう。
従って女性は、積極的に出した方がいいとなります。

女性の場合『脚の露出があるかどうかで別人のように魅力が変わる』ということがあります。
脚を出していなかったら注目されることはない女性でも、
出すことによって男達に見られるようになるなど、こういうことは多々あります。

従って、『脚を出すことはプラス』と捉えることや、そこを見られることは基本的には良いと考えて、
それを意識してみましょう。

一方で、男性の視線には、他にどんなものがあるのかということですが、
これは『女性そのものを見る目つき』となります。

女性を見た時に『魅力的な女性だ』と考えるのか、『いい女だ』と感じるのか、
『やりたい』とすぐに体の関係を想像するのか、
さらには『こんな体だろう』『いい体してる』と思うのか、これは男性によって異なります。

魅力的やいい女と思われる分には問題ありませんが、
性欲の対象としてしか見ない男もいますので、そういう男の視線には気付けた方がいいです。

例えば『ニヤニヤしながら見てくる』こんな男がいたら、
『体のことしか考えていない』となりますし、かなり見下していますのでそう思うことです。

女性が見られることは宿命ですし、どんな視線でも見られなくなったらお終いですから、
男の目つきには敏感になりつつも、見られることのありがたみも感じるようにしましょう。


賢い男の場合、『お前になど興味はない』と言わんばかりに露骨に見ないものです。
このような男性は『見ないことが最も屈辱を与えることだ』ということを知っているのです。

女性は『好きな人にだけ見られたい』と言いますが、
それでも、男性が誰ひとり全く見なくなったら空しいでしょうし、女ではなくなったと感じるはずです。

見られているうちはゆとりがあるからこそ、そのありがたみに気付けないのです。
ですので、視線の意味を理解しつつ、上手にかわせる女になりましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6