トップへ戻る

『養って欲しい』はタブー

『養って欲しい』はタブー

『養って欲しい』はタブー

女性によっては『養ってほしい』と考える人もいて、直接彼氏に『養って』と伝えることもあるのでは?
しかしそれをすると振られてしまったり、嫌われることの方が多いでしょう。

『いいよ、養ってあげる』とあっさりOKする男などまずいないのではないでしょうか?
女性からすれば『男が女を養う』これは当たり前なのかもしれません。

そもそも日本では、それが通ってきましたから、
最近になって拒まれても納得がいかないことも分からなくはないです。

スポンサーリンク


ですが男性の言い分としては『養いたいと思えなくなった』ということがあるため、
だからこそ受け入れられないのです。

一昔前と現在とでは完全に時代が違いますし、それはまさに『別の国』といってもいいほど差があります。
最も変わったことは『女性が強くなったこと』『子供が求められなくなったこと』であり、
これらがあるからこそ男性は『養う必要はない』『養うということの意味が分からない』となり、
そんな発言をする女性を嫌うようになったのです。

これは『女性の社会進出が招いた代償』とも言えることです。
2014年現在、女性の社会進出は急速に発展し、どちらかと言えば女性が強い社会になりつつあるでしょう。

これが良いかどうかは別ですが、そうなれば、少なくとも男性の考え方や感じ方は変わってしまうのです。
今までは、『女性は男性の一歩後ろを歩く』だったり、『男性に助けてもらう存在』というのがあったため、
その流れで養っていた訳ですが、強い女性が増え『男には負けたくない』という人が当たり前になってきたからこそ、
弱い女性が受け入れられなくなったのです。

現実的には、まだまだ養ってほしい女性も多いでしょうが、これは時代の変化であるため仕方がありません。
また『子供を必要としない』ということも大きく、そうなれば結婚することの目的が変わってきますから、
『養う』という考え方は消えつつあるのです。
従って、これはタブーになりますので『基本的には自分で稼ぐ』と考えるようにしましょう。


養ってもらいたいと考える女性は、
経済的な部分だけでなく『守られている』という安心感が欲しいということもあるのでしょう。

ですが、今後はそれが理解されない時代なのです。
単純に弱いと思われてしまいますし、やはりその考え方では嫌われます。

例えば彼氏に『守られていると安心するから』と力説しても、
『そういうのウザいから』と突き放されることもありますので、
『これからの時代は強くなる』『強い女しか受け入れられない』と理解して、タブー発言はしないようにしましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6