トップへ戻る

男性は感謝されない限り助けない

男性は感謝されない限り助けない

男性は感謝されない限り助けない

女性からすれば『男性は女性に何かあった時には、たとえ他人でも助けるべき』と思っているのでしょう。
また『そうすることが男性の使命』くらいに思ってる女性もいて『助けなかった』という男性がいるとびっくりしたような顔をしたりもして、
その後その男性を否定したりもするのではないでしょうか?

ですがこれは『女の勝手な理想論』であり、現実的には『助けないことが常識』となります。
というのも、逆の立場だったら助けるのでしょうか?
例えば男性が危険な目に遭っている状況に直面した時、女性は自分が危険でもその男性を助けるのでしょうか?

たいていの場合『ヤバい連中に見つからないようにする』と考えるのが普通ですよね。
そういう連中に見つかってしまったら自分まで巻き込まれてしまいますから、そうなれば『何をされるか分からない』となりますし、
助けようとしたことを後悔することだって全然あります。

スポンサーリンク


男性もこれと同じようなことなのです。男性の場合『女性ほど危険な状況ではない』となりますが、
それでも『ヤバい人間を相手にする』というのは当然危険を伴いますから、
『自分が危ない目に遭ってまで助ける価値がある相手か』と考えた際には、
たいていの場合が無視して行ってしまうものです。従って女性もそれは理解しておきましょう。

ただし、『襲われているのが芸能人』などのような状況だったら男性も助けるでしょう。
というのも芸能人が相手ならば、まずしっかり感謝するでしょうし、
その後『もしかしたらお礼という形で肉体関係が持てるかもしれない』という期待もあります。

これが一般人だったら『ろくにお礼も言わないで消える』という女もいますから、
そんな女のために危険を冒してまで助けるようなことはしない。これが男性の心理なのです。

男性に助けてもらいたいのならば『先ず感謝』これが大切になりますが、現在の場合『女は感謝などしない』と多くの男性が思っていますので、
まずはそこの改善が必要になります。
女性が男性に感謝できる社会になったのならば、『助けてもらえる可能性も出てくる』となるかもしれません。


男性からすれば『女性は上からのくせに、大変な時には助けを求める』と捉えているため、
それならば危険な目に遭っていても助けたりするはずがありません。

そもそも『男性には関係のないこと』ですし、女性だってそうやって過ごしてきたでしょう。
つまりは『自分たちのしてきたことの付けが回ってきた』ということです。

今まで男性に対し取ってきた態度がダメだったからこそ現状がこうなっているんです。男性は、完全に女性に呆れています。
信頼を取り戻すには時間がかかりますが、不可能ではありませんので努力してみましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6