トップへ戻る

下ネタに付き合える女性がモテる

下ネタに付き合える女性がモテる

下ネタに付き合える女性がモテる

モテたいと思うのならば『下ネタに付き合うこと』これが大切です。
男性には下心がありますから、それをタブーとするような女はそもそもNGなんです。

これはとても重要で『男が下ネタを言いだしたら不快になるのか』
それとも『一緒に盛り上がれるのか』で全く評価が変わります。

『そんなのはセクハラだ』と思ってしまうのならばそれまでの女ですから、
そうなってしまわないためにも頑張るようにしましょう。

スポンサーリンク


『下ネタが不快』これは分からなくはないです。
確かに男性も、金や収入のことを聞かれることを嫌いますから、女性の気持ちも分かるのです。

ですがそういう話があった時に『また金の話』とうんざりしたような表情をする男なのか、
それとも、適当な冗談でかわせる男かで女性からの評価も変わってくるでしょう。

こういうことと全く同じで、例えば『胸のサイズは?』と聞かれた時でも、
露骨に不快な顔をするのではなく『知りたい?』と挑発したり、『○○ができたら教えてあげる』と言ったように、
自分にとって有利な形で話しを進めるなど、こういうことができるとモテます。

男性でも、収入を聞かれた際に
『知りたい?3万円で教えてあげるよ』と笑顔で言ったらその場が楽しくなる一方で、
『教えたくない情報を聞かれることもない』となるでしょう。

女性だって、収入が知りたいから3万円払うということはしないでしょうから、結局男性の勝ちとなります。
このように、すぐに不快になるのではなく『それなりにやり取りできるか』ということは重要になります。

『不快に感じたらセクハラ』これはそれだけ、キャパシティーがないということですから見っとも無いとも取れます。
そんな女になってしまったらモテることなどありませんので、男が下ネタを言いだした時でも、
『自分のペースで話しを進める』このくらいのことができる女性になりましょう。


不快なことを言われたり、そんな言動があったら『逆にからかってやる』これをすればいいのです。
完全に無視できる状況や、そうではない人間関係の場合、『逆にからかう』とした方が絶対に得です。

またそうした方が、人間的に優れていると思われます。
『冗談でも棘のある言葉』こういうものもあります。

例えば先ほどの『収入を知りたければ3万円』という例でも、
その後女性が『で、どうなの?』と聞いてきても、さらに男性は『だから3万円だって』と言い続ける訳です。

こういう人が強いです。『見下すべき時には相手を見下す』これは絶対に必要です。
また『だから3万円だって』と言ったことに対し女性が『バカじゃないの』と言ったのなら、
男性は『お前がバカなんだよ』と言い返します。
このように、自分が間違っていなければ譲らなければいいのですから、そんな女性になりましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6