トップへ戻る

セクハラに対する男女の違い

セクハラに対する男女の違い

セクハラに対する男女の違い

『セクハラ』といっても、男女では捉え方が違います。
またセクハラというのは『不快に感じたかどうか』であるため、基準が曖昧なところがあるでしょう。

同じ言動であっても『誰にされるかによって変わってくる』となるため、
そこが男性としては納得がいかないところで、男性によっては『他の男とは下ネタを話していた』と感じますし、
『彼氏とはいろんなことをしているじゃないか!』ともなりますので、
あまり露骨に主張し過ぎると、どうしても嫌われたり、怒りの対象になりますので注意しましょう。

スポンサーリンク


また最も問題なのは『セクハラは女の権利』と女性が思っているところです。
これは男女どちらにも与えられたものですから、『女性の特権』ではないはずです。

しかしながら多くの女性は『女だからこそ大切』『女には慎重になるべき』と考えているでしょう。
例えば、女性にはストレートに質問できないことでも、
男性にはそれを聞けるなど、こういうこともセクハラになると考えられるはずです。

体を鍛えている男性に『胸囲いくつですか?』と聞くこともセクハラになり兼ねませんし、
女性にそれを聞いたら確実になってしまうでしょう。

このように、まだまだルールとして確立していないのが現状なのです(2014年現在)
女性にだけ認められて、男性には認められないなど許されることではありませんから、
『セクハラ』と訴えるのならば、女性自身がもっと意識を高める必要がありますし、
社会全体も『男女は平等だ』という気持ちを持つことが重要になってきます。

その自覚がない限り、使っていいものではありません。
従って現状では『下ネタでもどんなことでも受け入れるべき』となります。

平等な権利として確立していない以上男性はそれを不快に感じてしまいます。
そうなれば、その訴えを認める訳にはいきませんので、
従来通りに『下ネタにも笑って対応』が求められますので、考えるようにしましょう。


突き詰めていくと『男女は会話するべきではない』となります。
というのも、『不快に思ったらセクハラ』ならば、会話などできるはずがありません。

『その人の存在そのものが不快』だったらどうなるのでしょうか?
男だって、デブやブスというのは存在そのものが不快ですから、
『同じ空間にいること』『話しかけられること』『視界に入ること』これらはすべてセクハラになります。

またそうなれば、外見が悪い人は生きていけない世の中になってしまうでしょう。
なんでも権利として訴えることには限界があります。
だからこそ対応力が求められますので、何を言われてもかわせる女性になりましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6