トップへ戻る

男性が考える男女平等とは

男性が考える男女平等とは

男性が考える男女平等とは

『男女は平等であるべき』男性はこのように考えています(2014年現在)
本来男女平等という考え方は女性こそが望むものであったはずですが、
現在では『男性こそが望むもの』となりつつありますので、それがどんなことかを知ることが大切です。

男女平等の発端は『職場での権利』でしたよね。
雇用機会均等法により女性の権利が守られた訳ですが、
『職場が平等』となった場合、実質すべてのことが平等になるのが男と女なのです。

スポンサーリンク


というのも、『仕事』というのは古くから男女関係の基本になってきました。
狩猟時代から、『男は狩りに出て女は家を守る』となっていたように、働くのは男の役目だったのです。

そういう習慣があったからこそ『働く』という環境では男性が優遇され、さらには男性の方が高収入となり、
その結果『女性は奢ってもらえる』『養ってもらえる』となったいた訳です。

ところが、女性の権利が確立されてからはその常識が崩れたため、
そうなれば男性は『女にしてやる必要はない』と当然判断します。

だからこそ近年では『デートでも奢らない男性』がいる訳で、
奢ることの意味が分からないという男性も多いのです。

むしろ、これこそが本当の男女平等で、『職場での扱いが平等ならばどんな状況でも平等』こうなってきます。
ですが女性の多くは『職場では対等に扱われたい』としながらも、
『恋愛では大切にされたい・奢られたい』と考えるでしょう。

これは不平等ですし、さらに職場でも『重労働は男の仕事』と未だに思っている女性もいますから、
そういうのは完全にNGとなります。

こんなことだからこそ近年では、『男性が男女平等を求める』となっているのです。
男性は『奢ったり養ったりはしないが、女性も何もしなくていい』と思っています。

例えば、今までは女の仕事と思われていた家事なども、する必要がないということです。
男性は本気で男女平等を受け入れているのです。

ですので女性も、本当の男女平等を受け入れるべきです。
女性の都合だけの平等など理解されませんので、それは考えるようにしましょう。


『男女平等』これを理解していない女性は徐々に受け入れられなくなります。
近年の女性は『とにかくわがまま』と思われがちですから、注意して行動しないとダメになる一方です。

恋愛は女のためにある訳ではないですから、男性だって当然主張します。
また『女性をエスコートするのが男の役目』ということもありません。

何度も言いますが男女は平等です。そのため、『どちらがどちらを』ということはないのです。
それが理解できれば真面な女ですから、勘違いしないようにしましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6