トップへ戻る

恋愛の鉄則とは

恋愛の鉄則とは

恋愛の鉄則とは

恋愛をする際には『振った側が悪者になる』という鉄則があります。
これができない人には恋愛をする資格はありませんので注意しましょう。

またこれは、特に女性が気を付けるべきことです。
男性は自分に原因がある場合『俺が悪い』と堂々と言えますよね。

ですが女性は、どう考えても自分に原因があっても『私が悪い』とは言わず、
最悪の場合男性のせいにしてしまうでしょう。
『男性を悪者にして自分を守る』こんな女も多いですが、そういう女はアウトですから、真面になることです。

スポンサーリンク


男性を悪者にする女は、『性格の悪さが滲み出ている』となるため、そういう部分もマイナスです。
性格は顔に出るため、実は交際中から『この女はダメだ』と気づいている男性も多いのです。

そのため別れてから『男性を悪者にした』ということがあると『やっぱりな』となります。
自分のことしか考えていない人の多くはこういうところでダメになりますので、
恋愛をするのならば相手のことを考えられるようになりましょう。

恋愛の場合、交際前や交際中よりも、別れてからの方が重要です。
別れ方が良ければその後も友達になれますので、そこが最も大切なのです。

ですがここでも無神経な女だと『自分が振っているにも関わらず、その後も上手くやりたい』とするでしょう。
例えば職場恋愛をしていれば、その後の関係性も重要になりますが、
振られる男性からすれば『そんなことはどうでもいい』『普通になどできない』となります。

それでも振る側は『態度に出されたら自分が気まずい』となるからこそ、
『別れてからも普通に友達として関わりたい』と提案する訳です。

こういう女は許されません。そこが職場でも、まず考えるべきは振られる側の気持ちです。
振られる側が『しばらくは関わりたくない』と言ったのならばそれは仕方がありません。

それだけ時間のかかることなのですから、『振った自分が悪い』ということを受け入れて、
その後気まずいのは覚悟の上で、仕方がないことと捉えましょう。


恋愛をする時には、『別れる時のこと』これを考えるべきです。
好きになるのは簡単ですが、その相手のことを嫌いなった時、
すぐに距離を取れる環境かどうかというのは非常に重要です。

音信不通にして二度と会わないとできるのならば何をしてもいいでしょう。
ですが、毎日顔を合わせるような仲ならば、別れるという作業はかなり大変なことです。

それを理解できていない女性があまりにも多いので、
『振った側が悪者になる』『我慢する』これを理解して、ダメな女にはならないようにしましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6