トップへ戻る

ひとりに慣れることも大切

ひとりに慣れることも大切

ひとりに慣れることも大切

『ひとりでいることに慣れる』これも大切です。
若い頃ならば『ひとりではいたくない』と考えることも多いでしょうが、
年齢とともにそれを受け入れることも重要な作業となります。

例えば30歳を過ぎたのならば、『孤独』と感じてはならない部分があります。
その時点でパートナーがいないのならば、何もしなければその後もできる見込みはありませんから、
『これが普通なんだ』『ひとりでいることはいいことなんだ』と考えることです。

スポンサーリンク


そうやって『自分は悪くない』『自分は間違っていない』と思い込むことで寂しくなくなりますし、
さらには結婚に捉われることもなくなりますから、『一生独身』ということも受け入れることができます。

『一生独身は別に良くても、これから先ずっと出会いがない』これは勘弁してほしいと考える女性もいるでしょう。
しかし現実的には、日常的に異性や人間関係がないと出会いなどあるはずがないですから、
この先もずっとないということが普通にあります。

そうなれば交際もあり得ませんから、気が付いた時には初老や老婆になっていたということもあって、
そうなっても気持ちだけは恋愛をしたい状態で、かなりの勘違い女になってしまうのです。

それでは痛いだけでなく不気味です。ですので、そうならないためにも今の自分を理解しましょう。
『もう若くない』『年齢は元に戻らない』これを受け入れるのです。

そうすることで『恋愛を卒業する』という選択もできるようになります。
それができれば新しい一歩を踏み出すことができ、また生き返ることもできるでしょう。

『できないものをできると信じて臨み続ける』これは無謀な行為です。
頑張ることは良いことですが、年齢だけは限界とリミットがあるのです。

それを過ぎてしまえばどうにもならないことがたくさんありますので、
早めに一人を受け入れて『苦しい』という自分自身を解放してあげましょう。


自分を苦しめているのは自分です。
『まだまだ若いはず』『自分は他とは違うはず』ともがいている自分自身が苦しめているのです。

この葛藤に勝てないと一生を無駄にしてしまいます。
『恋愛とは縁がなかった』こう思えた時に新しい扉が開くものです。

例えば20歳代半ばの失恋によって大きな傷を負い、
30歳代半ばまで引き込もってしまったのならばこれから恋愛は難しいでしょう。

ですが、失った10年間に気付くこともまた難しいですから、誰でも恋愛をしたがるのです。
しかしそこで、『自分は大丈夫』と求めてしまえばさらに人生を無駄にしてしまいます。

可能性があるものに挑戦しましょう。
人生には、年齢が関係するものがあれば、年齢など関係なく気持ちが全てのものあります。
そういうことに挑んでいける人こそが謳歌できますので、方向性を間違わないことが大切です。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6