トップへ戻る

現在は男性が養う時代ではない

現在は男性が養う時代ではない

現在は男性が養う時代ではない

女性によっては『俺が養ってやる』このくらいの気持ちを持っている男性とじゃないと恋愛などできない、
こんな風に考えているでしょう。

しかし、それが通るのは何十年か前の話であり、
現在では『俺が養う』という考え方はありませんので注意しましょう(2014年現在)

そのため、『俺が養ってやる』という男性がいいなどと言ったら
『この女変なこと言っている』と不審者扱いされてしまいますので、
女性は完全に時代が変わったことを理解しましょう。

スポンサーリンク


むしろ現在は『女性が男性を養う』こんな時代に変わりつつあるのです。
男女の収入にそれほど差はありませんが、働く意欲という意味では女性の方が全然強いでしょう。

男性はどちらかと言えば『働きたくない』と考えますが、
女性は『積極的に働きたい』『重要な仕事も任されたい』と考えるため、
そうなれば、男性が『専業主夫になる』と考えた方が上手くいくのです。

『それだと子供ができた時に収入が途絶える』と考える女性もいるでしょうが、
これに関しても『現在の男性は子供を望まない』ということがあります。

従って大きな問題ではなく、結婚後も夫婦二人で楽しく生活できるため
『働きたいと考える女性が仕事をして支える』『家にいたい男性が家事をする』こんな時代になりつつあるので、
女性は『2人分の収入を得る』これを考えることが大切になってきます。

またこのようなことから、未だに『男に頼る』という考え方の女性はNGとなります。
一昔前ならば『男に頼って生きていく』という方法が通りましたが、
現在の場合そんなものは通用せず、むしろ男性は『金がない女など相手にしない』となっているため、
その時点でアウトとなります。

女性は体だけでは生きられないのです。
自分がしっかりしていないと何の価値もない女になってしまいますから、
そうなってしまう前に対策をすることが大切です。


現在の男性でも『自分が養う』と考えている人もいます。
しかしそういう男性は『生活力がある女が良い』と考えるのです。

経済力がある男性の場合、相手にも同じものを求めるため、『ただの金目当て』という女はNGとなります。
男性が最も警戒するのが金目当ての女ですから、
それを避けるためにもちゃんと働いている女性を選ぶ男性が増えているのです。

『結婚して安心や安泰を手に入れる』こんな時代は終わりました。
これからは結婚がゴールではありませんので、
女性が結婚によって救われる時代は終焉したことを受け入れて、新しい時代に対応しましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6