トップへ戻る

交際とは何かを失うこと

交際とは何かを失うこと

交際とは何かを失うこと

交際とは何かを失うものですから、それは覚悟しておいた方がいいのです。
例えば『彼氏と付き合いながら、今までの人間関係もそのまま継続する』こんな考え方は甘いですから、
『彼氏か人間関係か』このどちらかを選択するようにしましょう。

たとえばこれは、職場恋愛などではよくあることなのですが、『対立する派閥に属する相手を好きになってしまった場合』こんな状況では、
彼氏と付き合った際には、今まで通りにその派閥に属するという訳にはいきませんよね。

つまりは『彼氏はAというグループに属している。または一匹狼』『自分はBというグループに属している』
『このA・Bは不仲』という状況ならば、まさかA・Bで交際をするなどあり得ないということです。

スポンサーリンク


さらには『彼氏は一匹狼で、本当はBに属したいが省かれている』とこんなことになっているのなら、
自分だけのうのうとBに属している訳にもいかないでしょう。

そうなった時には『性格が悪いBグループとは決別する時』となるのです。
そもそも人を省くような連中とつるんでいる訳ですから、そんなグループに属していたら自分の人間性まで疑われます。
ですので『彼氏を選ぶのか』それとも『グループを選ぶのか』これをするようにして、『二つは手に入らない』ということを理解しましょう。

交際をしたのならば、今までの環境が変わることが当たり前です。
女性の場合『彼氏に夢中になる』が普通ですし、男性もそんな女性を求める傾向にあります。

ですので、そうなれない女性というのは論外とされることも多いので、それは注意しましょう。
男性は『自分に夢中にならない』『交際したにもかかわらず、今までの環境を大切にしたがる』こんな女を嫌います。

そういう女は『俺いなくても大丈夫そうだね』と言って振られますし、女性自身はどうしてそうなったのかが分からないものです。
恋愛って簡単でも甘くもないのですから、『本当に失いたくないものはどちらか』これをしっかり考えて、間違った選択をしないようにしましょう。


女性は勘違いしている部分が多いですが、交際を楽しみたいのならば、『男性に全てを捧げる』という気持ちが必要になります。
中途半端な気持ちでは恋愛など上手くいきませんので、それは十分に理解しておきましょう。

『彼氏に嵌ること』これが絶対条件です。
こうならない女性はNGですので、男性が『この女はどうしようもない』と思って捨ててしまわないためにも真面な女性になりましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6