トップへ戻る

恋人は友達と考えること

恋人は友達と考えること

恋人は友達と考えること

交際をしたのなら、恋人のことを『この人は特別』と考えるのが一般的ですよね。
これは当然の考え方であり、『別に特別な存在だとは思わない』という女性の方が稀なはずです。

従って、特別だと思うことは全然いいことなのですが、
自分の中であまりに特別な存在にしてしまうと『それが原因で疲れてしまう』ということがあります。

『交際をした結果精神を病んでしまう』『交際をするとリズムが狂う』このような人も多いでしょう。
これは、良くも悪くも彼氏を特別な存在として扱っているからであり、特に『恋愛でダメになってしまう』という人は、
敢えて特別扱いしないということも大切になりますので考えてみましょう。

スポンサーリンク


例えば、彼氏がまだ友達だった頃ならば、特に意識することもなく普通に遊んでいたのではないでしょうか?
その頃ならば、自分の予定や時間を崩すことはなく、
空いた時間で彼氏となる男性と遊ぶということが一般的だったはずです。

ところが彼氏になってからは、『自分を犠牲にしてまで会う』これをしてしまっているのでは?
もちろんこれは会いたいからなんですが、これをすると結果的に疲れてしまうのです。

恋愛って楽しい時はいいですが、そうではない時もありますから、
そうなった時にいかに抜け出すかも重要になります。

またそれ以前に、『そんな状態を作らない』ということが重要で、
だからこそ『特別扱いしない』これが大切になってくるのです。

『交際が苦しくなった時に対策を考える』とするよりも『最初から自分のペースを守る』とすることの方が全然楽です。
最初のうちならば『会いたい』という気持ちを少しずつ我慢していけばいいですし、
それを繰り返していれば慣れてきます。

これは訓練ですから、恋愛した時には『最初に我慢する』ということを学びましょう。
『自分のペースを守る人だ』ということを伝えれば相手も理解しますし諦めざるを得ません。

それでも強引になるような相手ならばそれは別れてしまえばいいことですから、
自分がダメにならないためにも、楽に恋愛できる人を見つけましょう。


恋人は友達と考えることです。
友達ならば『自分の都合が優先』となりますし、それを理解するのが友達のはずです。

友達なのに『強引に誘う』はあり得ないでしょう。
恋人という関係だからこそ強引になるということが起こってしまうのです。

ですので、もっと楽な考え方を持つべきですし、楽な交際をすることです。
真剣に考え過ぎる必要はありません。

『楽しむために一緒にいる』『時間ができた時にだけ会う』これでも全然いいのです。
精神的に頼ってしまうと自分が苦しくなりますので、それはしないようにしましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6