トップへ戻る

男性は体を見せたいもの?

男性は体を見せたいもの?

男性は体を見せたいもの?

『男は体を見せたいもの』『服を脱ぎたいと思っている』女性はこんな風に思っていますよね。
特に『トレーニングで体を鍛えている』こんな男性を見つけると、『この人は絶対に見せたい』と考える女性もいるのでは?
しかし男性からすれば『こういう女は面倒くさい』『見せたい訳がない』となりますので、変な誤解や勘違いはしないように注意しましょう。

そもそも女性は『自分ならば見せたいか』このように考えてみることです。
普通の女性ならば『飲み会などの大勢人がいる場所で、上半身裸になって体を見せたい』などとは思わないでしょう?

それをすればもちろん男性は喜んでくれますが、してしまった時点でバカ女ですよね。
また男性としても『面白いが付き合う対象ではない』となります。

スポンサーリンク


人前で簡単に服を脱ぐような女など、当然恋愛の対象ではありませんし、体の関係さえもNGと考えることもあるのです。
要するに『すぐに服を脱ぐ』これは価値を下げる行為なんです。

こうやって考えれば『男性が脱ぎたいかどうか』ということも自然に分かるのではないでしょうか?
『男だから』『女だから』これは関係ありませんし、『男と女は違う』ということもありません。

男女どちらも感じることは全く同じですし、『こんなことをしたらおかしい』と思う気持ちもやはり同じです。
ですので、『男性は脱ぎたいもの』こんなことはあり得ませんので、
体を鍛えている男性を見つけた時などに『脱がないの?』とバカな発言をしてしまわないように注意しましょう。

さらには、『自分の体に自信を持っている人の方が少ない』ということが言えるはずです。
女性も分かるのではないでしょうか?『自分の体に100%自信を持っている』こんな女性が果たしてどのくらいいるでしょうか?

むしろそのような女性ならば、全て脱いでしまうことはなくても、水着くらいならば抵抗はないでしょう。
男性も同じで、自分の体に完璧に自信があれば、『そういう場所ならば抵抗はない』と思っています。

海やプール、またはジムなど、露出が多くなっても不自然ではない場所、これが条件になりますので、
女性は『自分だったらどうか』いつでもこれを考えながら発言しましょう。


『男女で羞恥心が違う』こう思っている時点で間違いなんです。
『女性から誘うことには勇気がいる』これもおかしな考え方で、男性から誘うことだって同じように勇気がいります。

つまり、『どちらが誘っても緊張感は同じ』ということです。
『女は特別』こんな考え方を持っているとモテませんから、男女平等を受け入れましょう。
それを理解していないと『都合のいい部分で男女平等を主張する』と責められますので注意が必要です。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6