トップへ戻る

男性は女性の家に行きたい?

男性は女性の家に行きたい?

男性は女性の家に行きたい?

『男女がどちらかの家に行く』これはデートや男女関係ならば当然喜ぶことだったはずでしょう。
しかし近年では、その常識が変わりつつあるのです(2014年現在)

というのも男性は、『そこまで恋愛や女性関係に時間や金を使いたくない』という考え方を持つようになったため、
家にまでいくのは時間の無駄と捉え始めたのです。

女性に家に寄っていかないかと誘われ応じた場合、『余計に時間がかかる』となりますよね。
例えば仕事終わりに会っていたのならば、
『飲んだりして2時間〜3時間は使っているのに、家にまで寄ったらさらに時間を浪費する』となるでしょう。
近年の男性には、そういう計算をしてしまう特徴があります。

スポンサーリンク


というのも、女性と食事やデートをしたり、さらには遊んだりするよりも、『自分の時間が大事』と考える男性が増えているため、
女性と遊ぶにしてもしっかり時間を決めて遊びたいのです。

『何時に解放される』これが分っていないと苦痛な時間になってしまったり、そもそも時間の無駄だと感じてしまうことが多いため、
だからこそ男性は『家に寄る』という時間が読めないことは嫌うのです。

一昔前ならば、『その女性と一緒にいたいもの』と考えたでしょうし、女性の家に入れることは嬉しいことだったはずです。
ですが現在は、そんなことよりも自分のやりたいことが優先ですから、
デートや女性と食事をすることは『自分のやりたいことを犠牲にしないで済む範囲内で』となります。

要するに『普段のペースを崩したくない』これが男性の考え方なんです。
例えば趣味がある男性ならば、『毎日2時間は趣味に時間をかける』という人もいるはずです。

そうなれば、女性と遊ぶ時間など限られていますよね。ですが女性は『趣味くらい』『趣味がそんなに大事?』という捉え方をするでしょう。
男性にとっては趣味の方が女性よりも大事ですから、『そのペースを崩してまで女と会う気などない』と考える訳です。

だからこそ『家に寄っていく』というのは面倒くさいことなんです。
もちろん家によれば関係を持てる可能性はありますが、それをすれば自分の時間を犠牲にすることになります。

その日するはずだった趣味を犠牲にする訳ですから、それならば肉体関係など持てなくていいと男性は考えます。
ですので『関係を持つ日はそれ専用の日』とするなど、男性のペースに合わせられる恋愛が理想です。
そうでないと男性は『恋愛する必要なし』と考えますので、女性は柔軟な対応を心掛けて、良いパートナーを見つけるようにしましょう。


男性が大切にするのは自分の時間です。何よりもこれを大切にします。女性は『男性にとって一番にはなれない』これを理解しましょう。
むしろ恋愛の優先順位など一番最後ですから、『空いた時間に会う』これが常識となります。

『肉体関係を持つために会う』これを受け入れられないと交際は厳しいでしょう。
男性としても『○曜日の○時は肉体関係の日』この1時間くらいならば予定が入れられますので、それを理解することが大切です。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6