トップへ戻る

男性に付き合ってもらうためには

男性に付き合ってもらうためには

男性に付き合ってもらうためには

『男性に付き合ってもらうこと』これはとてもハードルが高いことであり、近年の場合『肉体関係はアリでも交際はない』これが一般論でしょう。
従って女性は『肉体関係が持てただけでも満足する』と考えることが本来正しいのですが、
それでも『真剣交際したい』と思ってしまう女性もいますよね。

これは通常あり得ないことですし、男性にその気がない以上厳しくなりますが、『条件次第でできないこともない』となりますので、
付き合ってもらいたいのならばそれなりの条件を出しましょう。

スポンサーリンク


男性は『自分の生活が制限されること』これを嫌います。そのため、最低でも男性の邪魔をしないことが大切になります。
例えば寂しいからと電話をしてしまう女性もいますが、これは絶対に避けるべきです。

こんなことをされたら一瞬で嫌いになりますから、『電話やメールは用事がある時だけ』と理解すること。
さらに電話というのは『連絡手段』ですから、本来無駄話をするためのものではないのです。

無駄に金をかけて、どうでもいい話をするためにある訳ではありませんから、そういう欲求は会った時のために取っておくか、
または『女友達に話す』か、自分で何とかしましょう。

『電話はダメ』これは理解できたかと思いますが、男性と付き合うための条件は電話でけではありません。
男性としては『交際することにメリット無し』と思っていますから、最低でもデート代は女性が負担しましょう。
このくらいのことができなければ、交際をする資格などないです。

そもそも真剣交際って『女性のためにあるもの』ですよね。
男性は肉体関係だけで十分なのに、女性が付き合いたいとか言い出すからこそややこしくなる。それが真剣交際でしょう。
従って、『付き合ってもらっている』という気持ちを持って望むこと。これを忘れないことです。


交際とはいっても、基本的には体の関係のみです。男性がしたいと思った時に会って、それ以外は一切連絡を取ることはありません。
この形が嫌ならば、交際など考えないことです。また、男性が複数の女性と関係を持っても気にしないことです。

男性にも人生がありますから『一人の女と交際している』このために制限したくないのです。
そんなことをするくらいならば付き合ったりなどしません。このように、どう考えてもメリットなどないのが真剣交際というものです。
ですから女性は、『私と付き合ったらこれだけ楽だ』と思わせるように、努力と工夫をしましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6