トップへ戻る

過去に拘ることはNG

過去に拘ることはNG

過去に拘ることはNG

『過去に拘る女』このような人もいますよね。
過去の傷を美徳くらいに思っていて、いつまでをそれを言う女というのがいますし、またそれを言って、
彼氏に『大丈夫だよ』とか『俺がいるよ』という言葉を貰いたがる女。

このような女というのは面倒くさい女ですから、捨てられるのは時間の問題となります。
というのもこれって『言っても仕方がないこと』だからです。

男性ってこの『言っても仕方がないこと』つまりは結論のない話をされることが我慢できないくらいに嫌いなんです。
そのため、そんな話をしてくる女がいたのならば、それが美人女優でも最終的にはキレるでしょうし、
『何度か関係を持ったら捨てる』となるのが一般論です。
女同士の場合『お互いに結論のない話を言い合う』これができるのでしょうが男性はそうではありません。

スポンサーリンク


ですので、男性に対しては『結論のない話をしてはならない』これが鉄則ですので注意しましょう。
また結論のない話とは『愚痴や不安』などが主となります。過去に拘っているということも、要するに愚痴の一種ですよね。

『あの時こうしていれば』『あれが辛かった』などのような話。
これらって全て愚痴ですから、聞かされている側としては『だから何?』『で、どうしたいの?』ということになってしまうのです。

特に男性は『会話に結論を求める』これが普通です。そのため、『結論のない話を延々とする』これができないようになっているのです。
ですので男性に対しては、『聞いてほしい』という欲求は持たないようにして、話をするのならば笑わすなど、会話の内容に注意しましょう。

それでも女性は『彼氏にこそ私のこの不安を受け止めて欲しい』と思うのでしょう。ですが、受け止めるとはなんなのでしょう?
例えば結論が出ない話を何度も聞かされて、その度に『大丈夫だよ』と言うことが受けとめるなのでしょうか?

これはむしろ、『女性が成長するべきこと』なのでは?
というのも、『結論が出もしない同じ話を何度もする』これを聞かされる側の身にもなれということなんです。

例えば毎日同じ話ばかりをされ、それに対してそれ相当の反応を求められたらどう思うでしょうか?疲れるとは思いませんか?
女性がしていることってこれですから、だからこそ『女性が変わるべき』なのです。

いつでも前を向いている人ならば、結論がない話を何度も繰り返したりはしませんから、
過去に拘ったりなどはしないようにして、男性に嫌われない女性になりましょう。


『過去に拘る』この時点で人間としてアウトです。過去なんて過ぎてしまったものですから、今さらどうにもならないんです。
もちろんやり返すことはできますが、それがしたいのならば、愚痴など言っていないで行動するべきです。

愚痴というのは『やり返すことができないから出る』というものでしょう。第三者に言ったところで解決などしません。
直接本人に言ってやって、気持ちをスッキリさせましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6