トップへ戻る

タダで助けるなどない

タダで助けるなどない

タダで助けるなどない

男性は女性を『タダで助けるなどしない』というのが一般論ですから、女性もそのつもりでいることが大切になります。
例えば『女性が危険な目に遭っている』という状況でも、男性が『この女を助けても何もないだろう』と感じたのならば、
男性というのは当然無視してその場を通り過ぎてしまうものです。
従って女性は『助けてもらったら100%見返りがある女』これになることが大切になりますので、男性の心理を理解しましょう。

男性が『女など助けても意味がない』こう思うようになってしまったのは過剰な男女平等運動がきっかけですから、
『助けてもらえないのは女性のせい』と考えることができます。

スポンサーリンク


一昔前ならば『男性は女性を助ける』というのが当たり前のようにありましたが、
それは『男性の方が上であり、しっかり感謝されるから』という常識があったからです。
また助けた場合には、『そこから男女の仲になる』ということもほぼ当たり前でしたよね。それがお礼であり、また出会いでもあったはずです。

しかし近年の女性は『助けられても無視』『男性に感謝などしない』ということが多いため、だからこそ男性は助けないのです(2014年現在)
例えば、女性を危ない状況から救ったとしても、近年の女性の場合『感謝するどころか隙を見て逃げてしまう』ということが殆どでしょう。

もちろん危険な状況ならば、『その場から離れて人を呼んでくる』ということは重要になりますが、
女性によっては『自分だけ助かればいいや』と思っている人もいて、男性としても呆れてしまうのです。

男性だって、ただで助けるつもりなどありません。助けることによってその後を期待しているからこそ助けるのです。
ですので、助けてもらったのならばしっかりお礼をするようにして、失礼がないようにしましょう。


例えば会社などでも、『重いものを持ってもらった』という状況でも、『何事もなかったかのように去っていく女』というのがいますね。
男性が持つよと言っても『それが当たり前』と言わんばかりの態度を見せるなど、こんな女も多いでしょう。

こういう女がたくさんいるからこそ、真面な女性までもが被害に遭うのです。
このままでは『女性がどんな目に遭っていても男性は笑って通り過ぎる』ということになります。

そうなってしまったら、『助けて!』と叫んでも誰も手を差し伸べてくれない社会になりますので、
そうなる前に常識を心掛けて、助けてもらえる女になりましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6