トップへ戻る

付き合う時にはルールを作ること

付き合う時にはルールを作ること

付き合う時にはルールを作ること

『これから交際する』こんな時にはしっかりルールを作っておいた方がいいです。
『気になる人と両想いだった』この時に大切なことは負けないことです。

自分が主導権を握ることが交際では大切ですから、
上からにならないレベルで、自分の主張はしっかりできる関係を築きましょう。

またルールを作るとは、『自分はどうしたいか』『どんな交際を望んでいるか』これを伝えておくことであり、
それがのめないのならば白紙にするということです。

スポンサーリンク


例えば女性ならば『他の女とは話さない』という条件を出したい人もいるでしょう。
もちろん現実的に不可能なルールですが、自分にとって絶対の条件ならばそれは通した方がいいということです。

また男性ならば『束縛しないこと』『食事代等は自己負担』『電話やメールは用事がある時のみ』といったように、
基本的なことをルールにする人は多いです。

女性によっては『彼氏=奢ってくれる』『彼氏=依存していい』と捉えますから、
そういう女だとアウトにしますので、お互いにしっかり条件を出し合って、楽しく付き合えるようにしましょう。

ルールを作っておかないと後々トラブルになりますので注意しましょう。
というのも、付き合う時というのは最も気持ちが高まっていますから、その時は全てが良く思えてしまうのです。

ですが、交際は時間とともに気持ちが冷めるものですから、それは理解しておく必要があります。
『女は徐々に好きになる』といっても気持ちは冷めます。

ですので、『こういうことがあったら別れる』『これはしないこと』といったように、
この先起こるだろうことをリストアップして、それが承諾できる人とのみ付き合うことが賢い選択です。


男女関係では『体の関係』がまず先に来ます。
というのも、上記のように考えれば、交際というのはとてもハードルが高いことと理解できるはずです。

条件が合わなければ不成立な訳ですから、それでは楽しむこともできないでしょう。
だからこそ、最低でも肉体関係は楽しんでおくのです。

真剣交際が全てではありませんし、体の関係があれば、上手くいかなくても満足し合える仲になるでしょう。
『そう思うのは男だけ』と思う女性もいるかもしれません。ですがそれは子供の発想です。
『交際に至らない時は楽しんでしまえばいい』これが大人の女ですから、そんな女性になれるようにしましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6