トップへ戻る

交際に期限を設けると良い

交際に期限を設けると良い

交際に期限を設けると良い

付き合う時には『取りあえず2ヶ月』といったように期限を設けるとやりやすくなります。
たとえば契約社員ならば、2ヶ月の更新性ということがありますよね。

これと同じようなもので、『2か月間はとりあえず続けてみる』として、その後は自分や相手次第という考え方、
こんな恋愛スタイルもありになります。

交際する段階で、相手にもこれを提案してしまうのです。
奇抜な発想かも知れませんが、
そうすることでお試し期間になりますので『より相手を知ろうとする』となるため、実は上手くいきます。

スポンサーリンク


もちろん交際していることには変わりありませんから、しっかりすることはします。
『2ヶ月限定だから体の関係はなし』としてしまうと結局相手のことが分かりませんから意味がありません。

これはあくまで相手を知るための手段であり、お互いに意識を高めるためにすることですから、
『更新性』ということ以外は普通に恋愛ですので、慎重にはならないようにしましょう。

『期限を設けると結局体だけにされる』と考える女性もいるかもしれません。
ですが、体だけにされたのならばそれは期限のせいではありません。

というのも、2か月間付き合ってみて、さらに一通りのことをした仲で、
『2ヶ月経ったから終わり』となるのならば普通に交際していても別れます。

それはつまり、男性にとってその程度の価値しかない女だったということですから、
そうなったら仕方がないでしょう。

むしろ『続けても意味がない交際をズルズル継続しないで良かった』とプラスに捉えるべきです。
交際は、短期間の契約制にした方がお互いの気持ちに嘘がつきづらくなりますし、
時間の無駄をしないで済みますからこれは良い方法なんです。

『何ヶ月も前から別れたいと悩んでいた』『別れることを承諾してくれない』付き合っていればこういうこともあるでしょう。
こんなトラブルを避けるためにも、数ヶ月に一度、意志を確認する場を設けてみましょう。


交際の場合、普通の友達とは少し性質が異なりますし、なによりも感情の部分が大きくなります。
そのため、負担を感じながら続けることもありますし、自分が負担でも相手にとっては必要だったり、
また『この人は私といることが幸せではない』と知りながら離れることができないこと、こんなこともあるでしょう。

こうなればどちらも不幸ですから、事前にそれを回避できるようにしておくべきです。
人はルールがあるとそれに従うものです。

しかもそれが、二人で作ったルールならば従わざるを得ませんから、
こんなやり方もあることを覚えておきましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6