トップへ戻る

プレゼントはしないという考え方

プレゼントはしないという考え方

プレゼントはしないという考え方

『カップルでもプレゼントのやり取りはしない』こんな考え方があります。
女性はプレゼントを求めますし、人によっては『プレゼント=愛情』と考えるため、
『しないなどあり得ない』となるでしょう。

ですが男性は『プレゼントなどなくても全然いい』と思っていますし、むしろその方がいいです。
というのも、男の方が負担が大きいのです。

誕生日とクリスマス、これだけにしているカップルならばそこまでの差はないでしょうが、
女は何かと物を強請ってきます。

スポンサーリンク


男性からすれば、『物を買ってくれ』と言いだす女は理解に苦しみますし、
それ以外にも、食事代を男性が負担することもあって、
『女性と付き合った場合、男性の方が金がかかる』ということがあります。

2014年現在、男女は完全に平等です。そうなれば、交際も平等でなければなりません。
『デート代は男が負担するべき』こんな考え方の女性もいますが、これに関しても男は理解できません。

全く同じ立場の男女なのに、『男が負担』というのは分からないことでしょう。
男尊女卑の時代ならば受け入れられたことですが、女尊男卑とも言える昨今ならば、
むしろ女が出した方がいいということもありますので、女性はあまり言い過ぎない方がいいでしょう。

そんなこともあり、『プレゼントのやり取りはしない』これは良い考え方なのです。
またプレゼントというのは、『性質』にも問題があります。

というのも、『現代においては、そもそも意味が分からないもの』と言えるでしょう。
『どうして渡すのか』『どうして普通にもらえるのか』これを考えるべきです。

渡す側は『渡したい』という気持ちがあるのかもしれませんが、
結局はそれによって気持ちが手に入る訳ではなく、単純に利用されているのです。

つまりもらう側としては『物が欲しい』であって、くれる相手には興味がないのです。
『女が男に車で送ってもらう』これと同じです。

たいていの場合『お礼に』と体を許す女性はいませんよね。
つまり女性は、『送って欲しいだけ』であり、その男性の求めに応える気はないということです。

このように、『渡す側は損なだけ』これがプレゼントです。
だからこそ廃止にするべきことですから、それを理解しましょう。


現在では、女の方が『男女は平等なんだ』ということを理解しないとダメになっていきます。
男はとっくに受け入れていますから、それが分かるようになりましょう。

平等を理解すれば『プレゼントをもらう』『奢ってもらう』こういう考え方はなくなるはずです。
男にしてもらうこと自体恥ずべきことと考えられるようになりますので、
いつまでも『してもらえる女が特別』などとは思わないようにしましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6