トップへ戻る

脱いでと言われた時の男性心理

脱いでと言われた時の男性心理

脱いでと言われた時の男性心理

飲み会などの場所で、男性に対し『脱いで』と言いだす女もいますが、
こういう女性は自分が何をしているのかを考えた方がいいでしょう。

というのもそれをした場合『○○さんが先に脱いで』『じゃあ一緒に脱ごう』
と言われてもセクハラになりませんので考えることです。

そもそも、先にセクハラ発言をしたのは女の方ですから、それを理解するべきです。
女性の中には『女はセクハラにならない』と勝手に思い込んでいる人もいますが当然そんなことはなく、
同じことをすればアウトになります。

スポンサーリンク


『女性が不快に感じることは男性も不快に感じる』この理解が大切です。
セクハラというのは、『女性のための権利』として捉えられがちですが、
男性にも与えられていますから、それを理解しましょう。
そうなれば『脱いで』という発言がどれだけおかしいかが分かるでしょうから、しっかり考えることです。

例えば脱いでと言って『じゃあ先脱いでください。別に見たい訳じゃないけど』と言い返されたら、
かなりの笑い者ですよね。


このような発言は、『通る仲かどうか』ということがとても重要になるはずです。
女性だって、本当に仲の良い男友達からだったら『脱いで』と冗談っぽく言われても
『バカじゃないの』で済んでしまうものでしょう。

更に男友達が粘って、『言いじゃん見せてよ〜』と言ってきても、
ちょっと怒って終わりになるなど、セクハラで訴えるほどのことではないですよね。

しかしこれが、職場のエロ上司だったら一発アウトなのでは?
『○○ちゃんいい体してるね。脱いじゃおうよ』と言われたら、即訴えますよね。

こういうことは男性も同じで、『なんでコイツが言ってくるんだ』ということがあります。
さらに女性の発言は『上からに聞こえる』ということもあるため、それがあったら即アウトです。

男性は上から発言を許しませんから、冗談を言いたいのならば『冗談だ』と伝わる言い方を心掛けるべきです。
現在では、『女からのセクハラ』というのも問題となっています(2014年現在)

ほんの出来心で加害者にならないように、
『これを言われたら私は不快か?』ということをいつでも考えて行動しましょう。


このように時代が進むと、男女は関われなくなってもきます。
どちらも『何が問題になるか分からないから』という理由で接触を避けるようになってくるでしょう。

一昔前ならば当たり前に通っていたことが、
近年では『セクハラ』とされてしまうのですから、これはどちらにとっても苦し過ぎることでしょう。

従って今後は、一層恋愛できない世の中を受け入れるしかありません。
『多少の下ネタも必要』本来ならばこれが男女関係です。

誰かがこれを理解しないと改善されませんが、
現状では身を守ることが大切ですから、おかしなことは言わないようにしましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6