トップへ戻る

誘いを断られた時に感じること

誘いを断られた時に感じること

誘いを断られた時に感じること

男性は『食事に誘ったが断わられた』という状況になると何を感じどんな状態になるのか?
女性は『表面上は笑顔で接していても、食事をしたり深く関わる気はない』ということが多々ありますよね。

しかし男性は『笑顔=その気あり』『笑顔=イケる』と捉えるため、
女性が笑顔ならば当然誘いにも応じるものだと思っているのです。

そのため、『にも関わらず応じなかった』となれば男性の怒りはただでは済みません。
女性としては『男が勝手に勘違いしただけ』『笑顔=その気ありと捉えることがおかしい』と思うのでしょう。

スポンサーリンク


確かに男性の勘違いかも知れませんが、女性だって同じようなことで憤慨しているのです。
それが『男性に誘われたから食事に行ったのに、奢りじゃなかった』ということ。

女性は奢りじゃないと憤慨しますよね。また『奢りだと思ったから行った』という女もいるはずです。
そもそも恋愛対象ではないが、
タダで美味しいものを食べられるのならばその時間は付き合ってあげてもいいかと考える女、
つまり『男性とデートする』という考え方ではなく
『単純にただ飯を食べに行く』『その日の食費を浮かす』という女です。
こういう考え方の女からすれば、『奢りじゃない』などあり得ないことでしょう。

男と食事に行くのならば普通は男の奢りで『女は一緒に食事してあげているもの』このように考えるはずです。
ですが、これは女の勝手な勘違いなんです。

男性は『誘った=奢り』とは考えていませんし、
そのように捉える女こそ『女の勝手な都合』『勘違い』と捉えているのです。

これは『笑顔=その気あり』という男性を否定する女性そのものと言えるのではないでしょうか?
このように、男女は異性の言動に勘違いや期待をするようにできているのです。

ですので、異性が何に期待するかを理解して、その気がないのならばそれはしないことです。
例えば男性ならば『奢る気がないなら誘わない』とするべきで、
女性は『その気がないなら笑わない』これがマナーとなります。

こういうことができないと恨まれてしまいますので、そんなダメ女にならないように常識的な行動を心掛けましょう。
世の中には『一切笑わない女』というのもいます。

男性は当然そういう女性を誘いませんし、それが、気がない男への配慮というものです。
『女の笑顔は男を勘違いさせる』これが分かる女性になって、無駄な恨みは買わないようにしましょう。


男女はいつでも駆け引きの連続です。
『どちらが誘うか』『今が誘うタイミングか』といったように、お互いに見合っているのです。

ですので、そこで『本当はそんな気はない』という女がいると恨まれて当然になります。
『気がないなら関わらない』これが恋愛のルールですから、露骨でもいいので態度に出しましょう。

男性としても、ないならないとはっきりしてほしいものです。
『この女は自分に気がないな』これが分かった時点で男は態度を変えますので、
男性が興味を無くし次に行きやすくするためにも、分かりやすい女になりましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6