トップへ戻る

おばさんに勝ち目はない?

おばさんに勝ち目はない?

おばさんに勝ち目はない?

『おばさんが若い女性と勝負する』こんな状況もありますよね。
何歳からがおばさんかというのは難しいところですし、
また『見る人によって違う』『美しさを保っているかどうか』
これらも重要になりますから『自分次第』ということもありますが、
それでも、ライバルとなる女性がどう見ても若い女性だったら難しいと感じるでしょう。

例えば30歳の女性が『20歳の女子大生と闘う』となったら私では勝てないと思うのではないでしょうか?
どれだけ綺麗な女性でも、相手が20歳であり、さらに『女子大生』というブランドまでついていたら厳しいですよね。

スポンサーリンク


男性としても、『美人な30歳よりも20歳の女子大生の方がいい』と一般的には考えます。
これは男性が何歳でも変わりません。

例えば30歳の男性でも、『両方から言寄られている』という状況だったらやはり20歳を選んでしまうのです。
もちろんその20歳が『とんでもないブサイク』というのならば話は別ですが、
一般的な外見だったら『絶対に若い子』となるのが男性ですから、
自分よりもかなり若い女性がライバルになった時には、諦めることも肝心です。

従って、それなりの年齢の女性は『それなりの年齢の男を選ぶ』ということが大切になってきます。
例えば30歳の女性ならば『40歳の男性を選ぶ』とすれば可能性が大幅にUPします。

同世代がいいと考えた場合、どうしても若い女性がライバルになる可能性が高いですよね。
30歳代の男性ならば、全然20歳前後と付き合えるとなりますから、『若い子を選ぶのが当然』となります。

このように考えることができるかどうか、
これはとても重要なので、男性のレベルを下げてみることも一つの方法であることを理解しましょう。


誰かから『おばさん』と言われる可能性があるのならば注意すべきです。
例えば20歳ならば、おばさんとは言われませんよね。

20歳の場合、子供でさえも『お姉さん』と呼ぶはずです。
ですが30歳だったら、子供は確実におばさんと呼ぶでしょう。

そうなれば、『呼ぶ人間はもっといる』となります。
女性の場合『自分が若い女でいられる環境』ここで恋愛をした方がいいです。

そのためには、必然的に年上の男性を選ぶようになりますが、
元々男女は『男性が年上』という関係が合うようになっていますから、それは別に問題ありません。
年上の男性だからこそ受け入れてくれることもありますので、そんな男性を見つけて幸せになりましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6